自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと読んだ感想!

こんにちは。

 

皆さんは読書とかされますか?

私は本が好きで結構読んでます。

 

最近は投資の本ばかり読んでますが少し前までは

小説(ミステリーをよく読みます)

自己啓発本(やる気アップさせる為に読んでました)

そして今は投資の本と。

 

今回は何年か前に買って、

私がかなり気に入ってる本があるので、

少し紹介したいなーと思い

記事を書き始めました。

 

一応お金に関する話もあるので

このブログ的にセーフだと思ってます!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと 著者 四角大輔

本屋でも20代コーナー!

みたいなところにはよく置いてありますね。

  • この本は色々な物や事を無理に溜め込むのはやめよう
  • もっと自由にやりたいことをやろう

などなど20代の方達中心に訴えてる本ですね。

 

内容もジャンル訳されてるんだけど私が気に入ってるのは

物とお金ってジャンル何個かピックアップします

 

「今使わないモノを捨てる」

モノとの別れは過去の自分との別れ

「とりあえず取っておく」から「とりあえず捨てる」へ

 

「小銭入れを捨てる」

覚悟を決めた大きな出費より、自覚してない小さな出費の方が怖い

「ないと物足りない」から「なくても別にいい」へ

 

「付属品を捨てる」

オプションを付けるより、標準装備を使い込む

「よく見られたい」から「使い倒したい」へ

 

 

「生活レベルの向上という発想を捨てる」

お金から感情的に自由になる

「生活レベルを収入に合わせる」から「収入に生活レベルを左右されない」へ

 

 

この辺が好きです「おー確かにと」

特に小銭入れを捨てるって考え方は気に入ってます。

 

意外と小さい出費でもひと月で計算、

又は年間で計算すると結構な金額になったりします。

 

私もこれを読んでからは、

食材に買い物は週に1回と決めて

それ以外では買わない!と決めております。

 

なので一週間で一回だけお釣りで

小銭が入ってくるので

銀行のATMに突っ込みます。

 

そうするとお札しかないので小さいもので

崩すのは持ったいない!

と思いお金を使わなくなります。

(私個人の感想です)

 

繰り返していくと、

なかなかの資金になるので

このお金を投資に回したりできます。

 

スポンサーリンク

まとめ

まぁ個人の意思の、問題かもしれませんが

普段当たり前だと思ってる事でも

本を通して気付かされる事もあると思います。

 

タイトルにも書きましたが

貧乏にならないように広い視野を持つには、

私は読書が一番早く知識を手に入れられると考えています。

 

すぐには効果が出ないかもしれませんが

コツコツと積み重ねて行けばいずれは、

立派な資産になると思います。

 

お金の知識があれば投資にも動じない

心が生まれるかもしれません。

(私も早くそんな強い心が欲しい。。)

 

とまぁこの本には一部分しかお金の話はないけど

もし興味が出てきたら一度読んで見てください

それでは!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です