DLIBJ公社債オープン(短期コース)について考察

手頃な債権型の投資信託ないかな~

と探してたところ、SBI証券の

投資信託ランキングで496位だった

DLIBJ公社債オープン(短期コース)が

なんと!いきなり1位に返り咲いてました。

 

私もそこまで低いランクの投資信託は

見てないので、いきなり現れて「何者だ・・」と

思い調べてみました。

 
スポンサーリンク



スポンサーリンク

日本の公社債に力を入れているファンドでした。

内訳としては・・

 

国債証券

メキシコ 3.92%

日本 0.08%

 

社債券

日本 77.52%

フランス 4.31%

アメリカ 3.14%

韓国 2.34%

イギリス 0.78%

 

特殊債権

韓国 5.06%

 

その他資産 2.86%

 

と振り分けられてました。

素人の方は多分(私を含め)

「特殊債権ってなんだ?」と思いません?

私は分からなかったので調べてみました。

 

特殊債は、公団・公庫・事業団及び特殊会社等の発行する債券である「係機関政府関債」と、特定の金融機関が特別な法律に基づいて発行する債券である「金融債」の総称をいいます。これは、金融商品取引法において掲げられている「特別の法律により法人の発行する債券」に該当することに由来する呼称となっています。また、2001年(平成13年)からは、政府関係機関等は、民間金融市場において、個別に発行する政府保証のない公募債券である「財投機関債」を発行することになっています。

は~なるほどね!(白目)

素人にはちんぷんかんぷんですわ・・

ザックリ説明で3行ぐらいにまとめると

  1. 政府関係機関が特別の法律に基づいて、資金調達の為に発行する債権
  2. 政府と密接な関係がある
  3. 韓国と日本は仲がいい!

こんな感じで考えとけば大丈夫!

債権の分類には入るので値動きが激しいとか

元本割れが高いとかではないので

この投資信託は国内に割合が高い債権で見とけばいいと思います。

 
スポンサーリンク



スポンサーリンク

分配金が年2回配当される

目論見書を見る限り、3月21日と9月21日

半年に一回分配金が出てますね。

毎月じゃないので、毎月分配金狙いの人は残念かも

しれませんが、他の投資信託と上手く合わせれば

そんなに気にしなくてもいいと思いますね。

(まぁ債権型で毎月分配の方が心配ですけどね)

 

そして嬉しい

ノーロード!

無期限!

はい。相変わらずここは抑ええます。

でも今回は即決できそうにありません・・

 

スポンサーリンク

分配金が安定してない・・

過去のデータを見てる限り

分配金が多く出てると思いきや

いきなり0円になったりと

今現在(2016/04/25)は20円出てますが・・

どうしようかな~

 

債権なんで、企業がお金欲しいと思った時に

発行してるので仕方ないのかもしれませんが

素人が手を出すにはまだ早い気がします。

しばらくは様子見してみます。

資産が順調に伸びてきたら買ってみようかな・・

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です