「満期償還」と「繰上償還」の違いとは?

こんにちは!

さて今回は、投資信託には運用の期間がある事について

お伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク



満期償還とは?

投資家から預かってる、資金を現金化して

運用を終了すること。

 

もうすでに、証券口座を持っている人なら

分かってると思うんですけど、自分で気になる

投資信託を見つけて、レポートを見ると

「償還日」って書いてあるところに

終了期間が、書いてあります。

 

なので、もし気にいった証券会社を

見つけてもすぐには買わないで

必ず「償還日」を確認しましょう。

 

せっかく買い付けたのに、運用期間が1年ぐらい

だと、長期投資できないし、資産をただ減らすだけになる可能性

高いので気をつけましょう。

繰上償還とは?

本来の投資信託なら、運用期間を満了した後に

返還金を支払うのが通常のパターンですけど

 

なんと!信託期間がまだ先なのに

投信が償還されてしまうことがあるのです。

簡単に言うと、

決めた期間まで運用できそうにないから

資金返しまーす。ということですね。

これを、繰上償還と言います。

 

逆パターンもあって

運用成果がいいと信託期間が

延長されることもあります。

これは、償還延長と言います。

 

投資信託会社の設定日(投資信託が出来た日)が

5~6年たっていて

資産がほとんどなく、まだ償還日まで期限が

長かったりすると少し怖いかな~と思います。

毎月徐々に買い足してる身としては

少しでも危険だと思ったら避けたいですね。

スポンサーリンク



まとめ

私的には、やはり「素人投資家」なので

主軸に置くのは、「無期限」タイプの投資信託ですね。

完全に安心とは行きませんけど、

少なくとも、2~3年ぐらいは気にしなくても

大丈夫そうなので気持ち的には楽かな~と

思ってます。

あとは純粋に仕事が忙しくて、細かく投資に

ついて、考えてる暇がない!笑

 

期限が3~4年ものでも、商品によっては

リターンが大きく見込める物もあるので

「期間が短いからダメな商品だ!」

と決めつける必要はありませんよ~

 

私も近いうち、リターンが大きく狙える商品を

見つけて少額投資して、様子を見て

見たいと思います。

 

では、また!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です