基準価格とは?どうやって決めるの?

今さらと言えば、今更なんですけどね笑

改めてしっかりと

書いて行きます。

今回もお勉強コーナーです。

私としては、20代から

資産運用をしようと、思ってる方に

素人にも、すぐに分かるように説明して行きたい!

そんなブログを目指しておりますので

ザックリと!分かり易く書いて行きますよ~

 

私もまだまだ、素人なので

復讐も兼ねてやって行きます。
スポンサーリンク



投資信託の基準価格

投資信託のページを見ると、必ず一番上に

表示されてるこの、「基準価格」

一体何を基準にしているのか・・

 

ザックリ説明!

「基準価格」は投資信託が現時点でどのくらい価値があるのか

単位、口数当たりで表したものです。

 

大体の投資信託は、1万口あたり=基準価格なので

基準価格5000円だったら

 

1万口=5000円になりますね

2万口=10000円 こんな感じです。

 

口数の計算をする時はこうやって、文字に

した方が分かり易いと思います。

(今現にそう感じました)

価値?

投資信託は毎日価格が変動します。

 

投資信託が投資している、すべての資産を

毎日の値段で時価評価して合算し

それに、投資している株式や債券から出た利息・配当収入を

加え、費用を引いて、1単位口数当たりに、換算したものなので

 

毎日この計算をするんだから

大変ですよね~

 

なら、基準価格が安ければ駄目で

高ければいいのかってなると

そういう訳でもなようです。

(ここが素人には難しい)
スポンサーリンク



まとめ

私が購入した投資信託は「毎月配当金」なので

配当される度に、資産から引かれるので

基準価格は、どうしても落ちて

しまいます。

この場合良いか、悪いかの結論は

私にはできませんね。

 

少なくとも、私は駄目な投資信託とは思いません。

(今のところはですけどね)

 

今現在、私が基準価格以外で判断しているのは

 

運用レポートを見る

資産の流動性を確認する

 

この二つぐらいですかね。

情けない話、あんまり細かく調べ過ぎて

時間を使っちゃうと

疲れて結果、何もしなくなる恐れがある・・・

 

なので、ゆっくり且つ迅速に経済的自由を目指して

行きます。

 

では、この辺で、また!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です