20代長期投資するなら覚えておきたい2つの単語

「やれやれ売り」と

「狼狽売り」です。

 

この2つについて、今日は

書いて行きます!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

やれやれ売りとは・・?

自分が購入した基準価格に比べて

大幅に値下がりすると

基本人は

 

「このままじゃ大損だ!買い増しもしないで塩づけにしとこう」

 

今売ってしまうと損してしまうから

保有します。

 

ですが、基準価格が徐々に値上がりして、自分の買った時ぐらいまで

値段が戻ったら、解約してしまう人がたくさん出てきます。

 

ここでの人の心理は

「銀行に預けていれば、損することはなかったのにな~」

やれやれ、とりあえず大損しなくてよかったよ。」

 

このパターン・・

1週間以内の出来事で済んでるのなら

まだ、いいのですが

 

もし10年間の出来事だったら・・・?

 

1年目に100万円、投資信託を保有

2~3年目に基準価格が下がる

4~10年目、自分が買った時の値段近くまで戻る

売って綺麗さっぱりおしまい!

(ザックリと10年間設定ですが5年間ぐらいでも十分無駄です。)

 

もう、気づいた方もいると

思いますが、「やれやれ売り」とは

何もしなかったのと同じ事なんです

 

そもそも長期投資の場合10年以上は確実に

保有するものなので、この例は

全て当てはまる訳では、ないのですが

 

自分の中では10年間投資家として行動して

いたけど、実際はなにもしてなかった10年間で

終わってしまった。

(多少なりと、知識は身についてるとは思いますが10年の=にはならない)

 

これが「やれやれ売り」です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

狼狽売りとは?

字はかっこいいけど「読む」と

ダサいこの狼狽売りは

 

例えば、10万円で投資信託を購入。

1万円損益を受ける。

「やばい!損した!売ろう!!」

 

狼狽して売ってしまうから、「狼狽売り」

 

これは、長期投資を目的としている人から

みたら、

「この市場に何しにきたんや・・・?」

 

なんて思うわけですよ。

 

信託会社にお金をプレゼントしに来た方ならいいんですけど・・

(そんな人は絶対いない笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

長期投資をするなら

この2つには気お付けて下さい。

 

特に「やれやれ売り」の方は

20代の武器である「時間」が減ってしまい。

 

例えの10年損失なら

スタート地点は30代と同じに

なってしまいます。(怖い怖い)

 

賢く、冷静に投資をして資産を増やして行きましょう!

 

では、また!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です