インデックス投資で不労所得を手に入れる方法【副業も必須】

こんにちは!不労所得ゲットの為に日々奮闘しているイタリアン仮面です!
@itariankamen

インデックス型投資信託だけで不労所得は手に入りますか?

いくらぐらいあれば不労所得生活は可能ですか?

この辺りの疑問を解決していきます。

 

結論から書きますと・・・
投資資金に付く利息のみで生活することが出来れば元本を減らさないで、お金を手に入れることができます。

不労所得は、不動産投資をしないと難しいと思う人も多いかと思いますが、投資信託のみでもお金が増えて行けば、不労所得生活は可能です。

投資信託のみで不労所得をゲットする例として下記に記載するので、興味のある人は参考にどうぞm(_ _)m

スポンサーリンク

投資信託のみで不労所得をゲットする方法(一例)

例えば、元本資金が5千万円作れてインデックスファンドの利回りが5%だとします。

そうすると年間で250万円複利効果で手に入ります。月に約20万円入るわけです。

この年間250万円の利回り分だけで生活できれば・・・

元本の5千万円を崩すことなく、生活できます!

年金も微々たるものですが、しっかり払っていれば+月5万円ぐらいでしょうから(国民年金の場合)
月に25万円の不労所得をと言うことになります。

※年金は定年後からなので+5万円はすぐには入りません。
月25万円は定年後の金額です。

スポンサーリンク

元本5千万貯めるには・・?

投資家

元本高っ!こんなに貯めないといけないの?

確かに5千万円はそう簡単に手に入らないし、貯金するだけでは届くにはかなり時間がかかりそう・・

なのでやはり、多少のリスクを背負ってでも投資はしていくべきだと私は思います。また例えで申訳ないのですが、投資先が年間利回り5%の運用先に毎月10万円投資できれば・・・

22年と7か月で5千万円に届きます。

私が現在24歳なので、46歳になる頃には資産が5千万円に届く計算です。

遅いと思うか、早いと思うか、普通のサラリーマンでは、まず22年で5千万円は貯められないと思います。仮に預金のみで22年間、毎月10万円貯めても、22,000,000円です。5千万円の半分以下です。

さらに預金のみですから、使えば、使うだけ、お金は減り続けます。

スポンサーリンク

毎月10万円を投資するなら副業は必須

実際は20代で毎月10万円も投資に回すのはよほど高級取りでないと難しと思います。なので「今の時代副業は必須」要は、給料以外の収入減を作ることです。

20代が不労所得の種類を探してみた。でも紹介していますが、投資だけで不労所得を得るのは少しリスクが高いので、20~30代の人なら少額でも投資をしつつ、副業を始めてスキルアップと、副収入も同時に狙っていく方が賢いかと。

 

仮に、インデックスファンドのみの投資で毎月10万円の不労所得が入ったとしても、経済が不安定になったときは、毎月10万円の不労所得が入るかは誰にもわかりません。しかし、副業で毎月5~10万円稼げていれば、投資が失敗しても、副収入は0円になりません。

 

さらに、1~2年副業で稼げるように頑張り、2~3万円でも稼げれば、そのお金を投資金に回せば、本業の給料から10万円も投資せずに済むので、副業をやることでデメリットはほぼ0です。

 

【自宅で稼ぐ】無職でも収入源を得る方法【スキル不要】に書いてありますが、無職でもお金を稼げる方法があるので、わりと本気で稼ごうと思って行動すれば、副収入は手に入りますね。

 まとめ

不労所得のゲットの為に、色々やりたいけど本業もあるし時間がないな〜

と思っている人は、シンプルに「インデックス型投信」のみで運用してみてはいかがでしょうか?
上記に上げた22年後に元本を5千万円貯めるなら、「副業」は必須だと思います。

また、不労所得を得る方法は、インデックス投資だけではないので、不労所得を学べるおすすめ本3選【将来安定】で紹介している書籍などを読んでから、自分にあった不労所得を探すでも良いかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です