外資MMFとは?手数料とメリット・デメリットについて

外資MMF・・・名前だけ聞くと難しそうな予感。。

 

と!思いきや中身はそんなに、複雑では、ありません。

いったいどんな商品なのか、私がざっくり説明致します。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

外資MMFとは?

安全性の高い債券(国債・社債)で運用する投資信託。

格付けが高く、安全性の高い債券で

運用するので、リスクは低い投資方法になります。

 

商品元としては、投資信託ですね。

 

銀行なんかでも、外資預金ができたりしますけど

先にお話ししておくと、

 

銀行で外資預金は絶対おすすめしません!

 

この内容は後々説明しますね。

スポンサーリンク

外資MMFのメリットとは?

  • 満期がない
  • 複利効果が得られる
  • 少額からスタートできる
  • 積み立てもできる
  • 日本円以外の海外通貨を持てる

なかなか初心者には優しく、わかりやすいメリットです。

 

特に、私もまだ20代なので複利効果が期待できるのは

とても素晴らしい点だと思います。

 

そして、積み立てもできるので、最初から頭金を

持ってなくても投資に参加できます。

 

スポンサーリンク

外資MMFのデメリットとは?

デメリットほどのことでも

ない気はしますが、一応投資では

あるので、元本保証はありません。

(ペイオフ対象外です)

 

為替リスクもこの投資には関係してきます。

巷でよく聞く、円安・円高が身近な存在になるのです。

 

売買する時の為替レートなどを見て

損得をみたりと・・

 

デメリットというより、めんどくさい作業が多そうですね笑

スポンサーリンク



購入先は?ネット証券VS銀行

冒頭でも、書きましたが・・

銀行よりも、ネット証券を使った方が

手数料は安く済みます。

 

利回りに関しては、ほぼ同じと言ってもいいようなので

コストをいかに低くするかがポイントですね。

まとめ

外資MMFが良いと思う、私の考えは、

 

日本のお金に依存しないで

外国通貨も保有できること。

 

売買はせずに複利効果で資産を増やせる。

 

この2点ですね。

 

あってはほしくない事ですが、円の価値が下がりまくったり

最悪価値がなくなってしまった時に、ドルやユーロを

持っていれば、リスクヘッジにもつながりますからね。

 

銀行に預金をして、少ない利益を得るよりは

金利が日本より少しでも高い、海外通貨に積み立て投資を

しておいた方がいいと思います。

 

私もお金が貯まったら始めてみようと思います。

(本当は積み立てでもいいんですけどね笑)

この投資方法はゆっくりと、行きます。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です