国内株式インデックスファンド!コストが安いこの4本!

「投資を始めたい!」

「投資信託を始めたい!」

 

どの投信が安いかな?

 

はい。私、コスト重視で調べました!

どうせ買うなら、できるだけ安く買いたいですよね。

では、さっそく・・

スポンサーリンク



スポンサーリンク

ニッセイーニッセイ日経225インデックスファンド

買付手数料 0円

信託報酬 0,27%

信託財産留保額 0円

解約手数料 0円

設定日 2004/01/28

償還日 無制限

純資産 1064億円

 

スポンサーリンク

三菱UFJ国際ーemaxis TOPIXインデックス

買付手数料 0円

信託報酬 0,432%

信託財産留保額 0円

解約手数料 0円

設定日 2009/10/28

償還日 無制限

純資産 280億円

 

スポンサーリンク

三井住友TAM-日経225インデックスe

買付手数料 0円

信託報酬 0,2052%

信託財産留保額 0円

解約手数料 0円

設定日 2016/01/08

償還日 無制限

純資産 9,59億円

 

ニッセイTOPIXインデックスファンド

買付手数料 0円

信託報酬 0,3132%

信託報酬留保額 0円

解約手数料 0円

設定日 2015/04/27

償還日 無制限

純資産 44億円

スポンサーリンク



考察

やっぱり、株式だけに絞ってるだけあって

「バランス型」より信託報酬は

安いですね。

 

特に、三井住友TAM-日経225インデックスe

この中では、信託報酬が一番安い。

ただ設定日が一番新しい(今年だね)

 

私的には、実績があまりない(出来たて)投信に

投資するのは、少し抵抗があります。

 

なんせデータが全然ありませんからね。

この4つの中で1つ選ぶとしたら・・・(私なら)

ニッセイーニッセイ日経225インデックスファンドですね。

 

この4つの中では一番の古株。

一番古株なだけあって

純資産がすごい!(1064億円って・・)

 

「将来、基準価格が上がるかもしれないしコストも一番安いなら・・」

という方は、三井住友TAM-日経225インデックスeを

 

「純資産も多く、データもあって安心感があるのがいいな・・」

という方は、ニッセイーニッセイ日経225インデックスを

 

どっちが正しいとはないです。

自分が納得できる投信を選んで、投資してください。

 

この投信のデータはSBI証券のデータのみ!

で掲載しています。

(理由はただ1つ・・私がSBI証券しか使ってないからです笑)

 

この4つの投信からも見てわかるけど

日経225よりTOPIXの方が

信託報酬高いですね。

(おそらく会社の数が多くなるからだと思いますが。)

 

まとめ

信託報酬など、0,2とか0,5とか

数字的には、すごく小さい数値だけど

長期投資をするなら、絶対に軽視してはダメです。

コストも塵も積もれば・・です。

 

しっかりと、コストを確認して

投資をして行きましょう!

 

では、また~!!

スポンサーリンク



1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です