外国株式インデックスファンド!コストが安いこの4本!

リア充イベントのハロウィンも終わりましたね。

(やったぜ!HAHAHA♪)

飾りとかは、季節で一番好きです。

(ただ、リア充がいそうな場所にはいきません。)

ココロガイタクナル・・

・・・さて。

今回もSBI証券のデータで調べた

コストが安い、外国株式インデックスファンドを

書いて行きます!

スポンサーリンク



ニッセイーニッセイ外国株式インデックスファンド

買付手数料 0円

信託報酬 0,2592%

信託財産留保額 0円

解約手数料 0円

設定日 2013/12/10

償還日 無期限

純資産 306億円

 

one-たわらノーロード先進国株式

買付手数料 0円

信託報酬 0,243%

信託財産留保額 0円

解約手数料 0円

設定日 2015/12/18

償還日 無期限

純資産 47億円

 

三井住友TAM-SMTグローバル株式インデックスオープン

買付手数料 0円

信託報酬 0,54%

信託財産留保額 0,05%

解約手数料 0円

設定日 2008/01/09

償還日 無期限

純資産 487億円

 

三井住友TAM-外国株式インデックスe

買付手数料 0円

信託報酬 0,54%

信託財産留保額 0円

解約手数料 0円

設定日 2010/04/06

償還日 無期限

純資産 131億円

 
スポンサーリンク



考察

うーん。

やっぱり、「バランス型」より

安い笑(維持費が)

1つぐらい買いたいな。

 

先に話してくと、上記に

書いた「三井住友」の2つは

投資先の内容はほとんど一緒です。

 

「何が違うのか?」

 

購入経路が違うのです!

 

三井住友TAM-SMTグローバル株式

インデックスオープンの方は・・

ネット販売&店頭販売をしている。

 

三井住友TAM-外国株式インデックスe

の方は・・

ネット販売のみ!

 

多分、店頭販売よりもネット販売が

主流になってきたから

新しくネット販売のみを作って

コストを減らしたんでしょうね。

だからインデックスeの方には

信託財産留保額が0円。

 

店頭販売があるってことは

購入手数料もあると思いますので

購入するなら、やっぱりネットですね。

 

これに関しては、私の憶測ですが笑

 

投資先がほとんど一緒なら

コストが少しでも安いインデックスeに

投資した方が良さそうです。

 

純資産はインデックスオープンの方が

多いけど、先に始めてるので

これはしょうがない。

 

無期限&長期保有で行くなら

インデックスeに軍配が上がりますね。

 

私がこの4本の中で購入するなら

インデックスeですね。

 

前の記事には、「インデックスオープン!」と

言いましたが、その時はまだ、インデックスeを

知りませんでした。(勉強不足です、はい。。)

まとめ

いや~

こうやって比較して

見てみると面白いですね。

 

やっぱり、並べえて見た方が

考え易いですね。

 

ブラウザだと、画面をちょくちょく

変えなきゃいけないからメンドクサイ笑

 

20代の皆さんも、紙でも

このブログでもいいので

しっかり、比較しながら購入を

検討してくださいね。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です