20代の運用方法!確定拠出型年金がおすすめの理由

秋の夜のにおいが好きな私です。

・・そろそろニックネームでも決めようかな笑

一応「20boy」ってあるけども、

つまらないネーミングセンスだな。

 

さて!20代で企業勤めをしていて、資産運用を

始めたいと思っている人には・・・

 

確定拠出型年金制度がおすすめですよ!

今日はそんなお話。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク

確定拠出型年金とは?

簡単に説明していくと、

自分で資産運用をしていき、老後に備える為にある制度。

 

普通だと、会社勤めの方は「厚生年金」

自営業者などは「国民年金」に入って

毎月お金を払って、老後がきたら

お金をもらうと・・・

 

ですが、ニュースなんかでも

取り上げられているように、

今の若い世代がもらう頃には

受け取れる金額が少ない!

(そう!私達です。)

 

毎月5万~6万円受け取っても

この金額じゃ普通に暮らせないですよね?

 

「年金だけじゃ将来不安、でもどうしたら?」

このどうしたら?に答えてくれるのが

確定拠出型年金なのです。

 

確定拠出型年金とはどんな商品?

自分で運用するので、投資信託商品と

考えていただければ、いいと思います。

 

厚生年金や国民年金とは別に、

老後の為に投資をして資産を作る。

 

401Kなんて名前でも呼ばれてますよね。

企業年金と同じです。

 

401Kには2種類ある

「企業型」と「個人型」があります。

会社勤めの方は「企業型」

自営業者などの方は「個人型」に該当します。

 

ここで、注意点が一つ。

会社勤めの方は、勤め先が「401K制度」を

採用していないと、できません。

 

なので、始める場合は必ず確認してくださいね。

 

最低掛け金が5000円ぐらいから

スタートできるので、とても始めやすい年金対策です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

401Kのメリット

所得税や住民税が軽減される!

この401kの最大のメリットです。

 

例えですが、年収が300万円だとして

所得税が10%かかると

年間の所得税が30万円かかります。

 

しかーし!!

 

年収300万円でその内、50万円を

401Kに投資して運用したとします。

そうすると・・・

 

年収300万円ー50万円=250万円です。

401Kにお金を積み立てた分には

税金がかかりません。

 

なので250万円に対して10%の税金がかかります。

この場合だと25万円が所得税になります。

 

やばくないですか?笑

 

普通の投資信託での投資では

このご利益がありません。

 

どうせ、投資を始めるなら、401k制度を

使わない手はありません。

 

さらに!

401k口座は運用期間中、いくら利益が

でても非課税です!

 

100万利益が出ようが、1000万円利益が

でようが・・

 

非課税です!

 

普通は税金が20,315%かかりますが、

かかりません。(素晴らしい)

 

スポンサーリンク

401Kのデメリット

  • 60歳までお金が引き出せない!
  • 資産運用(投資)なので資産が減る場合がある。
  • 手数料がかかる

この3つぐらいですかね。

 

60歳まで引き出せないのが、なかなか

ネックな気もしますが、

この資産運用法は老後の資金と

割り切れば、いいと思います。

 

まとめ

401k=節税

と考えるといいかも

しれません。

 

要は使い方次第で、

老後の資産作りは401k

人生のライフイベントの資金は

投資信託や株で、みたいな。

 

会社勤めの方は会社に確認して

制度が採用されていれば、やった方がいいかと。

 

ちなみに私の務め先には

この制度がありません(血の泣)

 

そういう場合は、「個人型」になりますが、

「企業型」の方が少しメリットがあるんだよな~

 

と、今回は確定拠出型年金=401Kの

ザックリとした概要とメリット・デメリットをお話しして

(まだ、私も勉強途中なので)

随時、色々な事が分かれば記事にしていこうと

思います。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です