毎月5万円の不労所得を得るにはいくら必要?

こんにちは!
不労所得を獲得する為に
日々奮闘中の
イタリアン仮面です!
@itariankamen

毎月5万円の不労所得が欲しい!

どうやって投資すれば不労所得が増えるの?

この辺の疑問を解決して行きます。

私自身
投資信託を活用して不労所得を増やして
来ました。

毎月配当3万円得る為に必要な資金

当初の目的が毎月3万円で、
去年一時的に達成出来たのですが・・

去年の11月になんと減配・・泣

フィディリティUSリート(ヘッジなし)分配金が変更に。

今現在約26,000円の分配金と
なっております。

ですが、次に目指すは分配金
毎月5万円なので、

次は毎月5万円の分配金を目指そう!
と思い、いくら資金が必要か計算してみました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

毎月5万円の分配金を得るには?(毎月分配金が60円の場合)

まずこれから、
投資を始める人用に書いて行きます。

この計算の仕方は
「投資信託の毎月分配金での計算になります」

毎月分配金60円を出している
投信に投資した場合。

基準価格はわかりやすく3000円で計算します。

投資信託の場合1万口からの購入になるので、
1万口=3000円=60円になります。

3000円=60円

30,000円=600円

300,000円=6,000円

3,000,000円=60,000円

 

計算式?と言うほどでもないですが、
約2,500,000円投資すれば、
毎月50,000円の分配金
不労所得が入りそうですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

毎月分配金が100円の場合

今度は毎月の分配金が100円の場合。
基準価格は5,000円で計算します。

5000円=100円

50,000円=1000円

500,000円=10,000円

1,000,000円=20,000円

1,500,000円=30,000円

2,000,000円=40,000円

2,500,000円=50,000円

 

こちらだと2,500,000円
ぴったりで毎月分配金が、
5万円になりますね。

ちなみに5,000,000円投資した場合、
毎月分配金は1,00,000円
になります。(すごい・・)

 

スポンサーリンク

投資信託の毎月分配金のデメリット

投資家

毎月分配型の投信に投資すれば、
将来的にどんどん不労所得が増えるじゃん!

確かに、毎月分配金型の商品が、
今後も成長し続ければ、
不労所得は増えて行きます。

ですが・・・
上記の減配記事を読んでもらえれば、
分かるように、
ある日突然、減配することもあります。

毎月分配金は過度に配当金を高くして、
投資家を集め資金調達をする場合があり、
その結果が「タコ配」と言われる原因だったり、
資産増加の効率が将来的には、
悪くなる可能性が高いです。

タコ足配当とは、企業が原資となる十分な利益がないにもかかわらず、過分な配当金を出すことをいいます。見た目には配当金が高いため魅力的に感じられますが、実際は資産を売却したり、積み立て金を取り崩したりして配当金に回しているだけで、業績や財務状況に難点がある可能性があります。タコが自分の足を食べるのに似ていることから、このように表現されます。                                引用元;SMBC日興証券

そんなの見極められないよ!

投資家

正直、投資慣れしていないと、
どの投資商品が「タコ配」になっているか、
分からないと思います。

初心者投資が「タコ配」の商品を避けるには、

  • じっくりと投資商品を調べる
  • 購入者を見つけて運用状況をみる

商品を探す「目」がない場合は、
この2つぐらいしか対策はないです。

投資信託以外での不労所得をゲットするには?

毎月分配金型以外に
不労所得をゲットする方法はないのかしら・・・?

投資家

あります!!

現代社会では、自分の労力を下げつつ、
不労所得をゲットする方法はたくさんあります。

「投資」という話であれば、
私も実際に投資している、
ソーシャルレンディング投資が良いですね。

ソーシャルレンディング投資ってなんだ・・?

という人は・・・

上記の記事を読んで頂ければ、
分かりやすいかと思います。

ここで簡単に説明するなら、

企業にお金を貸して、
貸した金額に対して「利息収入」を得る。

と言った感じです。
売却手続きや、指数を確認すると
いったことは一切しないので、
サラリーマンの人には
運用が楽な商品ですね。

投資とは少しずれてしまいますが、
副業枠として、
ブログ運営だったり、
自分が撮影した写真を販売する。

といったことでもお金は稼げますし、
最初こそ、労力が必要になりますが、
コツコツと時間をかければ、
将来、自分の労力以上にお金が入ってくるので、
不労所得に近い状態になれます。

まとめ

毎月分配金型の投資商品に、
コツコツ投資するが、
一番手っ取り早く、
不労所得を作れると
思いますが、

それなりにリスクは高そうですね。

分配金が高いほど、
リスクも高くなるので汗
(ハイリターン・ハイリスク)

毎月分配金商品が全て
タコ配という訳でもないですが、

不労所得をどんどん増やして
行きたいのなら、
毎月分配金以外にも、
少額で良いので、
色々は場所から、お金が発生する
のが一番良いですね。

私がソーシャルレンディングに投資した
結果は・・・

ラッキーバンクの分配金が1万円に到達しました。使い方を考察

 

こちらの記事に書いてあります。
(興味があればどうぞ!)

ソーシャルレンディングでも、
毎月分配金型商品と同様に、
高リターンの分リスクも高いですが、
毎月分配金型の商品より、
資金回収は効率が良いと判断しています。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です