投資信託の「目論見書」の見方について

こんにちは~

投資信託を始めるにあたって

必ず目にする「目論見書」。

 

どんなことが書いてあり

初心者が見るべきポイントについて

書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク



目論見書とは?

購入しようとしている投資信託について

投資判断に必要な重要事項が

書いてある書類になります。

 

投資信託で調べると、色々な名前の

投資信託が出てきますが、

 

名前だけみても、どんな投資信託か

分かりませんよね?

 

その内容を知るために「目論見書」を

見て、どんな投資信託かをチェックできます。

 

目論見書は購入する前に必ず

チェックしましょう。

 

ネット証券の場合だと

(目論見書見ましたよ!)っていう

チェック欄にチェックを入れないと

購入できないようになっています。

 

どんなことが書いてあるのか?

  • ファンドの目的・特色
  • 投資のリスク
  • 運用実績
  • 手続・手数料等

この4つは絶対に記載されてます。

初めて目論見書を見る場合は

まずこの4つだけを見てみましょう。

 

ファンドの目的・特色

何を目的として、どこに何を

投資しているか。

ファンドの仕組みについても

書いてあります。

 

  • 短期間にガンガン利益を稼いでいくよ!
  • 長期的にゆっくりと安定した収益を目指すよ!

など、その投信がどんなスタイルで運用して

いるかが分かります。

 

ファンドの仕組みについても

  • ファンド・オブ・ファンズ形式
  • ファミリーファンド形式

なのかも書いてあります。

 

「ファンド・オブ・ファンズ」と「ファミリーファンド」

 

投資のリスク

価格変動リスク・為替変動リスク

金利変動リスクなど

商品ごとに、どんなリスクが

あるのか書いてあります。

 

株価に影響されやすい投信だったり

通貨に影響されやすい投信だったりと

 

金融商品によってどんなリスクが付くのかが

変わってきます。

 

「リスクのないやつがいい!」

そんな人には!「普通預金」をおすすめします!笑

スポンサーリンク



運用実績

基準価格や純資産総額の推移

分配金の推移、年間収益率など

 

投資信託の過去の運用実績を

確認できます。

 

  • 基準価格は順調に上がっているのか?
  • 純資産は増えているか?減っているか?
  • 分配金は出るのか?出ないのか?

 

ただ新しい投資信託の場合は

過去の実績がないので、

書いてありません。

 

「あれ・・?運用実績が書いてない」と思ったら

それは、新しくできた投資信託なので

初心者は手を出さない方がいいですよ。

 

手続・手数料

  • ファンドの購入単位
  • 購入時の手数料
  • 運用中の費用(信託報酬)

その他ファンドにかかる費用に

ついて書いてあります。

 

投資信託の購入単価は10,000口が基本

なので、

基準価格が5000円の場合は、

 

5000円=10,000になります。

 

購入時の手数料は、目論見書には

購入金額に対して「3%」など

書いてありますが、ネット証券などから

購入すれば、無料の場合もあるので

 

購入前には、どこが一番安く買えるか

調べてから、購入しましょう。

 

信託報酬については、どこで購入しても

かかる費用は一緒なので、

長期で保有する場合はできるだけ

安い信託報酬を探しましょう。

 

国内株式インデックスファンド!コストが安いこの4本!

 

まとめ

初心者の場合なら、とりあえず

この4つを確認するだけで

いいと思います。

 

少しづつ慣れてきたら

1ページ、1ページ確認してみたりと、

 

「とりあえず人気投信みたいだからこれにしよう」

嫌いじゃない考え方ですが、

最低でも、リスクと費用だけは確認してくださいね。

 

知らない間にお金が減ってる状況にならないように・・

 

では、また~!!

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です