iDeCoを使って老後の資金準備!おすすめ商品はこれだ!

こんにちは~

2017年1月から「iDeco」が本格的に

始まりましたね。

 

これにより、日本人の20歳~59歳までの人が

自営業・会社員・公務員・主婦・学生

ほとんどの人が加入できるようになります。

 

iDecoは節税対策もできるので

「老後資金だけでも何とか自分で運用したい!」と

いう人には、良い商品だと思います。

 

以前・・

 

20代の運用方法!確定拠出型年金がおすすめの理由

 

確定拠出型年金に合う人・合わない人

 

など、書きましたが、ここでも

少しおさらいをしたいと思います。

スポンサーリンク



iDecoと年金の違いは?

年金は、すでにご存じだと思いますが、

毎月、国が決めた金額を私達が払い、

集めたお金を勝手に運用されて、

年金をもらえる歳になったら、年金をもらう。

 

支払う金額を勝手に決められるのは

嫌ですよね。

 

しかも、支払い金額は下がることなく

上がる一方・・

 

支払い金額は上がるのに、もらえる金額は

減るか、支給される年齢が伸びるか・・

 

これでは、不安で仕方ない。

 

一方で、iDecoは・・

  • 掛け金を自分で決められる
  • どんな方法で運用するか選べる

積み立て金も、毎月5,000円から出来ますので、

ゆっくりと、無理のない金額で老後の資金を貯めていける。

 

iDeCoの特徴

  • 毎月一定額を積み立てて、引き出せるのは60歳以降
  • 利息や配当などは税金がかからない
  • 積み立て金は経費とされるので、所得税と住民税が少なくなる
  • 受け取り時には、退職所得控除や公的年金等控除が適応される
  • 運用中は管理手数料+口座維持手数料がかかる

 

60歳以降にならないと解約できないので

今の年齢が20代なら、これから40年間は

投資をし運用しなくてはいけません。

 

つまり、40年間運用コストを

払わなくてはいけないので、

 

ポイントはいかに運用コストを落とせるか。

スポンサーリンク



iDeCoで運用するならこの投資信託

  • iFreeシリーズ
  • たわらノーロードシリーズ

今のところ、この2つ投資信託が出している

商品が一番、信託報酬が安いです。

 

大体の商品が信託報酬0,3%を切っています。

 

大和ーiFree 8資産バランス

 

投資信託の信託報酬、計算方法とは?

 

 

ただ、楽天証券の場合なら「たわらシリーズ」が

あるのですが、SBI証券には(2017年2月現在)は

ありません。

 

又、「iFreeシリーズ」は出始めた、ばかり

だからか、ないですね。

 

「第1にコストを安く!」を考えるなら

まずは、楽天証券からiDeCoを

始めた方がよさそうです。

 

iDeCoでの分散投資の考え方

あとは、どのようにして分散していくか、

分散投資の基本としては、

 

  • 株式と債券の比率を半々に持つ
  • 国内株式1・国内債券1・海外株式1・海外債券1

バラバラに購入するならこの比率が

一般的です。

 

初めての投資なら、なるべくバランスよく

どれかの商品が、偏らないようにしましょう。

 

購入するなら?

絶対にネット証券しましょう。

 

銀行や、証券会社の窓口からだと

口座管理費用などが、ネット証券をより高いです。

 

このiDeCoに関しては、誰もが長期の運用です。

しつこいようですが、長期で運用するなら

維持費のコストは絶対に落とせるだけ落としましょう。

 

まとめ

これからもiDeCoを扱う商品は増えて行きそうですね。

そのうちCMとかでもバンバン宣伝するのかな?

 

iDeCoは老後資金用と考えて、運用すれば

いい商品ですね。

 

書店に行けば、素人にも分かりやすい本があるので

1冊読んでみるのもいいかもしれませんね。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です