たわらノーロード国内債券

こんにちは。

今回は第3弾!

 

「わたらシリーズ」国内債券です。

 

スポンサーリンク

バランスファンドを持ってなく資産形成をしているなら・

 

債券の存在は必要ですね。

 

では!さっそく内訳を見ていこうと思います。

スポンサーリンク



たわらノーロード国内債券

追加型

投資対象地域 国内

投資対象資産 債券

補足分類 インデックス型

決算頻度 年1回

投資対象地域 日本

投資形態 ファミリーファンド

対象インデックス その他(NOMURA-BPI総合)

 

さて、ここでもよくわからない単語が・・

スポンサーリンク

NOMURA-BPI総合???

 

インデックス早わかり NOMURABPI総合 国内で発行された公募固定利付債券の流通市場全体の動向を的確に表すために開発された指数です。 一定の組入基準に基づいて構成された債券ポートフォリオのパフォーマンスをもとに計算されます。

ふーん。(えっ?なんて??)

 

砕いて書くと、日本の債券市場全体の動向を反映した指数。てことですな。

 

資産地域は完璧に日本オンリーですね。

つまり、日本国が破城する時には・・

 

この債券の基準価格はだだ下がりになりそうですね。

資産分散が偏らないように、先進国の債券や株式への

投資も必須となっていきます。

 

購入手数料や維持費は?

買付手数料 0円

信託報酬 0,162%

信託財産留保額 0円

解約手数料 0円

決算日10月12日

設定日 2015年12月18日

償還日 無期限

純資産 12億

 

相変わらず「たわら」は購入手数料が0円ですね。

そして、信託報酬がやすーい!

株式より、リスクが少ないからコスト安なんでしょうね。

 

信託財産留保額と解約手数料が0円なのも

ありがたいですね。

 

前から思っていたけど、解約手数料って

絶対いらないよね。

 

信託財産留保額は、投信と投資家の為

だから、少しかかってもいいと

思いうけど・・

 

解約手数料は本当にただの

手数料ですもんね。。

(投資家には旨味がない)

スポンサーリンク



純資産・資金の流入は?

純資産は順調に増えていますね。

グラフの後半の方は、少し資産が横ばいしていますが

資産の流入を見てみると、流出はしていないので

特に危険な投信では、ないと思います。

 

純資産は12億円(2017年2月現在)です。

やはり、新しい投信なので、まだ資産は少し

少ないですね。

 

組入銘柄は?

 

投資地域が日本国内となっているので

債券に関しての組入銘柄表は・・

 

つまらない・・・

 

もっと細かく、会社名とか、各国の名前とか!

そういうのが見たかったのに~

 

まぁ債券だからね、

しょうがないよね。

 

まとめ

はい。債券は面白みのない商品だと

いうことが分かりましたね!笑

 

でも、ポートフォリオを組むなら

「債券」は絶対に入れた方がいいですよ。

 

株式だけだと、経済悪化の時なんかは

基準価格がかなり下がってしまい、損益が出てしまいます。

 

でも、債券をいれることで、損失を抑えることが

できます。

 

たわら国内債券は、保有コストがかなり

低コストなので、債券候補の1つと

して見てもいいと思います。

 

さて、次はどんな「たわら」商品をみようかな~

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です