たわらノーロード新興国株式

こんにちは~

最近、私の中で「たわらブーム」が来てます。

 

理由は・・

 

コストが安いから!

 

なので、しばらくは「たわら」の商品について

考察していく記事を書いていきます。

スポンサーリンク



たわらノーロード新興国株式

追加型

投資対象 海外

投資対象資産 株式

補足分類 インデックス型

投資対象地域 エマージング

投資形態 ファミリーファンド

為替ヘッジ なし

対象インデックス MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)

 

エマージングって聞きなれない言葉が出てきましたね。

簡単に説明しますと、成長の余地を多く残した

新興国のことをいいます。

 

先進国などは、経済が成長しきった感があるので

大きなリターンはあまり見込めないですが、

新興国には、まだその余地があるわけです。

 

「じゃぁ新興国に投資してれば儲かるじゃん!」とは

簡単にいかなくて、

投資の基本ですが、高リターン=高リスクです。

 

投資する際には、比率をしっかり考えて投資しましょう。

 

購入手数料や維持費は?

購入手数料 0円

信託報酬 0,5346%

信託財産留保額 0,3%

解約手数料 0円

決算日 10月12日

決算頻度 年1回

設定日 2016年3月14日

償還日 無期限

純資産額 9億円

 

新興国株式だからなのか、信託報酬は先進国株式

より、少し高めですね。

 

たわらノーロード先進国株式

 

国の経済が先進国より、不安定だからだとは

思いますが、他のファンドも同じぐらいなのかな?

 

今度探してみます。

 

純資産・資金の流入は?

 

こちらの商品も、設定日から順調に資産は増え続けていますね。

ただ、まだ(2017年2月現在)純資産額は9億円です。

 

投資の書籍などでも、書いてありますが

最低でも、純資産額が30億円はあった方が

良いと、されているので、新興国に関しては

もう2~3年は様子を見た方がいいかも

しれませんね。

 

少しギャンブル要素を加えてもいいなら

まだ出来立ての投信なので、

 

ここで自分の資金を投入すれば

2~3年後には、少し資産が

増えている可能性はあります。

(もう少し基準価格は上がると思うし)

 

組入銘柄は?

韓国・台湾・ケイマン諸国が大体10%株式に

投資されてますね。

 

新興国っていう、ぐらいだから

個人的にはインドがもっと投資されていると

思ったんだけどな。

 

組入銘柄見てて気づいたけど

その他の株式に40%も投資している・・

 

他の所を見てみたけど

書いてないな~

 

・・・・?

 

(一体どこに投資してるんでしょうねぇ~)

スポンサーリンク



まとめ

前回の「たわら先進国株式」がいい商品過ぎたからか

新興国に関しては、60点ぐらいかな?

(私個人の勝手な判断です)

 

なにが怖いかって?

株式の投資対象の40%の詳細がどこにも書いてないこと

 

私の見方が悪いのかな?

分かる人いたら、ぜひ教えてください。

 

やっぱり、こうやって表を見て分析するの

楽しいな。

投資をしなくても、

「へぇ~こんなとこにも投資してるんだ」とか

「こんな会社があるんだ~」とかとか

わかるので、勉強にもなりますね。

 

あっ!大したことじゃないんですが、

今まで「20boy」と名乗ってましたが

このブログの、下の方に行けば書いてあるんですが

「ジュン」と名前を変更しました。

 

こっちの方が覚えてもらいやすそうですし、

今後とも、よろしくお願いします。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です