「毎月分配金投資信託」毎月分配されることによるメリットもあるお話

こんにちは。

今回は、「毎月分配金」についてのお話です。

 

長期投資には、向いていない。

複利の恩恵を受けられない。

 

などの投資本来の形に反している商品ですが、

そんな毎月分配型にも、メリットがあります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

下落局面での損失が少なくすむ

どういう意味かと、いいますと。

毎月分配金は、毎月決算を行っており

その利益の1部を確定していることになります。

 

なので、万が一相場が大きく下落しても

毎月ちょくちょく利益を確定しているので

損失を抑えることができます。

 

その事を考えると、分配金のでない

再投資型の投信や分配金回数が

少ない投信だと、急落した時に

ほとんど利益を確定しないまま

損をしてしまう事になります。

 

実際、利益が出ていても、利益を確定しない

限りは、数字が並んでいるだけなんですよね~

(ここで気持ちが揺らいでしまう人も多いはず)

 

10年後に家を買うために積み立て投資をして

順調に資産が増えてよし!と思いきや

9年目にして、大暴落・・

 

資産が1/3減ったり、最悪半分に減ったら・・

 

私なら白目むきますね!

 

そうならないように、分散投資や

ドルコスト平均法で取得単価を下げたり

するんですけどね。

 

知らなければ損する!?ドルコスト平均法の効果

世界中に投資をすれば負けない

スポンサーリンク



普通分配金じゃないと意味はない

分配金にも「特別分配金」と「普通分配金」の

2種類がありますが、

 

分配金の種類について学ぶ 得をする選び方とは!?

 

特別分配金だと、元本を崩してるので、

そもそも何の意味もありません。

 

「普通分配金」のみが上記のメリットに

適応されます。

 

「でも普通分配金だと税金かかるんでしょ?」

 

そうなんですよね~

利益が出た場合は20,315%税金に

持ってかれます。

 

その対策としては、NISA口座を使って

非課税にするしかありませんね。

 

初めての証券口座開設なら「NISA」も一緒に申し込もう

 

まとめ

よく毎月分配金は叩かれていますが、

メリットもやはりあるんですね。

 

結局はその人の投資についての

考え方やライフスタイルによって

運用の仕方は変わりますからね。

 

行動して、経験を積みながら

自分にあった投資スタイルが見つかるといいですね。

 

それでは、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です