インフレ対策の資産運用法!「物価連動国債」癖のある金融商品らしいが・・

こんにちは。

この間、

インフレ2%目指す日本。対策するにはどんな方法がいいのか?

 

この記事を書きましたが、

「物価連動国債」について

今日は少し掘り下げて書いて行きます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

インフレに最強な物価連動国債

まずは、どんな商品かというと

「インフレ連動国債」とも呼ばれていて

物価動向に合わせて元本が変わる国債です。

 

日本でインフレが起こり、毎年

徐々に物価が上がっていくと

私達のお金は相対的に価値が

下がっていきます。

 

その対策としての商品となります。

 

運用方法・利子の付き方は?

物価上昇率に応じて変動した

元金額を「想定元金額」と呼びます。

 

表面利率(年利子率)は償還まで

10年間同じですが、想定元金額が

増えるため、受け取る利子も多くなります。

 

・・・わかりづれ~!!!

 

さらに砕くと、

元金額+表面利率+想定元金額=受け取れる金額。

となります。

 

普通の国債は、利子のみが

元金額につきますが、

この物価連動国債は、

利子+インフレ%が元金額に

加算かれることになります。

 

ここまでがメリットであり特徴です。

スポンサーリンク



ややこしいデメリット

さて、デメリットもなかなか難しいです。

 

先に説明しておきますが、インフレになれば

投資した資産が増え、

 

逆にデフレになれば、この商品もメリットは

ほとんどありません。

 

「デフレになったら、資産が減っちゃうの?」

 

この疑問は誰でも、感じると思います。

 

仮にデフレになっても、額面は保証されます。

 

額面は、です。

 

この国債には、額面価格と発行価格があります。

 

額面価格は、「この金額で販売するよ~」といい

例えば100万円で販売しているとします。

この100万円が、額面価格です。

 

次に、発行価格です。

発行価格は金額が変わります。

 

物価上昇(インフレ)を予測する人が

多いほど、値段が高くなります。

 

つまり、100万円で販売していた証券が

あったが、需要が高くなり、110万円になって

しまう場合があります。

 

ここで、少し注意。

(例を書いてみますね)

 

額面が100万円だったが、

インフレを予想する人が増え

価格が上がり、購入した時に

110万円で購入。

 

しかし、インフレではなく

デフレ気味になってしまい

価格が105万円に!

 

額面の100万円は保証されますが

価格上昇分は保証されないので

この例えでは5万円損失となります。

 

国債と言っても損失する場合も

あるので、ここだけ注意してください。

 

ちょい足し情報

この商品・・

どうやら、財務省は個人にも

持って欲しい商品みたいなんですが、

 

少し複雑な商品故に

「販売するかは、各社の金融機関が個人に、

販売するか判断してほしい」

そうです。

 

まぁ、正直素人には難しい商品だとは

思いますね。

 

どうしても、この商品がほしくて

でも、直接買うのは大変そう・・

と思う人は、投資信託を通して

購入するのがいいと思います。

 

その場合は、信託報酬がかかっちゃうけど。

まとめ

いや~難しい笑

 

ただ、難しいけど。

インフレが確実に起こるなら

どの金融商品よりも最強の

金融商品であるのは、間違いないです。

 

インフレになれば、なるだけ

利益になりますからね。

 

今日はこんな感じで、

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です