Jリートの特性をチェック!賃貸収入の魅力

こんにちは。

私の中でJリートに対する

思いが強い!今日この頃。

 

知れば知るほど良い商品だと思います。

 

Jリートの賃貸収入の魅力について

書いて行きます。
スポンサーリンク



安定性と高い収益が期待できる。

Jリートの収入源は、保有物件からの

賃貸収入(インカムゲイン)

物件を売却した時の

売却益(キャピタルゲイン)の2つあります。

 

一応、不動産商品なので

インカムゲインがメインになりますね。

 

賃料は短期間で大きな値動きをすることは

ないので、上昇・下落の動きは緩やかです。

 

まぁ家賃がいきなり1/2になったり

する確率は全くないわけでは

ないと思いますが、多分稀でしょうし

基本的には2年契約が主流ですしね。

 

さらに、商業施設やオフィスは長期に

渡って契約している場合も多いですし、

 

契約期間という縛りがあるため

先々の収益も、見通しが立ちやすいので

他の金融商品よりも安全性があります。

 

これは、素人投資家からしたら

良いですよね。

 

毎日相場をチェックしなくても

いいので、ほったらかし投資の

商品には最適だと、思います。
スポンサーリンク



株式より分配金が高いわけ

さて、株式の分配金よりも

Jリートの分配金の方が高いのにも

理由があります。

 

Jリートとは?初心者からできる少額不動産投資です

 

この記事にも書いてありますが、

株式の場合は、事業活動で得た利益に

法人税がかかり、引かれた額が

私達に分配金として入ります。

 

一方、Jリートの場合は、

税引き前の利益の90%超を

投資法人が投資家へ還元する条件を

満たせば、実質的に法人税が免除されます。

 

さらに、個別で株式を保有していると

その1つの企業の経営状況に応じて

倒産リスクや減配リスクがあり

分散投資効果がありません。

 

ですが、Jリートの場合。

複数の建物へ投資しているので

分散投資の効果は期待できます。

 

Aマンションの賃貸料が少なくなっても

Bマンションの賃貸料が増えた場合などは

互いの相殺しあって、

リスクヘッジにも繋がります。

 

20代でまだ、お金があまり

ない人は、分散投資必須で

運用したいですよね。

 

(もちろん、株式投資でも何十社と分散投資する場合

もありますし、Jリートなら分散投資をしているから

絶対に減配されないと、いう訳ではありません。)

まとめ

賃貸収入の投資も楽しそうですね。

契約を結んでいるから、今日、明日

大きな下落に見舞われることも

ないと思いますし、

 

長期的にインカムゲインを狙うなら

いい商品だと思います。

 

ただ、指数が激しく動かないと

いうことは・・

 

世界・日本経済が好調になっても

すぐにその恩恵を得ることは

難しいということ。

 

経済が盛り上がったからといって

すぐに、家賃が値上がることは

ないですよね?

 

なので、そうなった場合は

キャピタルゲインを狙う手も

ありますが、長期的な分配金を

求めるなら、この方法は私的には

おすすめしませんね。

 

あくまでも、Jリートは、

長期保有商品と認識していた方が

運用はしやすそうです。

 

今回はここまで!

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です