Jリートの不動産タイプ?投資を始める前に確認しておこう

こんにちは。

今日は・・

Jリートの投資タイプについて書いていきます。

 

もしJリートに投資したい!と思う人は

まず、どんなタイプがあるのか・・

確認してから、投資を始めましょう。

スポンサーリンク



単一用途特化型と複数用途型

大きくわけて、この2つのタイプが

あります。

 

用途と書きましたが、種類と

思ってもらえればいいです。

 

まずは、単一用途特化型から。

  • オフィスビル特化型
  • 住居特化型
  • 商業施設特化型
  • 物流施設特化型
  • ホテル特化型

1用途のみで運用していく

タイプですね。商品の運用仕様が

わかりやすいのが特徴です。

 

例えば2020年には、東京オリンピックが

開催されるので、ホテル特化型などは

外国人客のおかげで、業績が上がりそうです。

 

こういう時に、ホテル特化型に投資して

おけば、自分の資産が増える場合が

高いです。

 

「東京オリンピックが終わったら、価値が下がるのでは?」

 

と思う人は、今からホテル特化型に投資をして

東京オリンピックが始まったら、

キャピタルゲインを狙う手もあります。

それまでは、インカムゲイン収入を貰う。

 

これは、あくまでも一例ですけどね。

ただ、国際レベルのイベントが発生する時は

必ず、どこかの企業は業績を伸ばす傾向があるので

細かく探すのは、大変だけど

 

東京オリンピック→外国人客→ホテル

など、ザックリですが笑、連想ゲームの感覚で

想像して、実際に企業の指数や

東京オリンピックに向けて、何をしているか?

などを確認すると、面白いですよ。

 

注意する点もあるので確認

単一用途特化型はシンプルで

わかりやすい商品ですが、

 

分散投資がきかないため

景気や業界の動向に左右されやすい

側面もあります。

 

上記に書いた例えで話すなら、

2020年に向けて、国際的なホテルを

運用する、企業が出たとして、

2020年までは、もちろん好調な

運用成果を見せそうですが、、

 

タイミングを見つけて売却を狙わないと

2020年以降、下落していく可能性も

出てきます。(企業によって対策などがあれば別ですが)

スポンサーリンク



複数用途型の特徴

こちらは、

  • 複合型(2つの用途の不動産に投資するタイプ)
  • 総合型(3つの用途又は用途を限定しないタイプ)

こちらのタイプは、分散投資ができます。

 

「オフィスビルと住居」

「住居と商業施設とオフィスビル」

こんな感じで、2つ以上の不動産を

合わせて、運用していきます。

 

単一用途特化型よりも、安全性は

高くなるので、Jリートを始めるなら

最初は複数用途型から、始めた

方がいいと思いますね。

 

ただ、こちらは、分散されていて

安定性が高い分、利益は単一用途特化型より

少ない傾向があります。

まとめ

投資するタイプにもよって

長所・短所があるので

しっかりと確認をして、

リスクを許容し、運用することを

心がけましょう。

 

単一用途特化型の方が、収益は

見込めそうですが、長期的インカムゲイン狙いなら

複数用途型に軍配が上がりそうです。

 

いや~早くJリートを購入して

みたいですね。

 

私はインカムゲイン重視なので

購入する時は、複合用途型を買うつもりです。

 

早く欲しい~

今日はそんな感じで、

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です