株式をJリートって何が違うの?比較してみた

こんにちは。

さて、今日は・・

株式とJリートって何が違うのか・・?

 

名前だけで見るなら、

株式は、株式会社(トヨタとか、ドコモとか)

Jリートは、不動産(オフィスビル、住居とか)

 

なんだけど、市場規模や売買代金だったり

まぁ、お金の規模ですね笑

 

どれくらい違いがあるのか

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

市場規模はどれだけ違う?

 

一つ過去のデータがあったので、

2015年7月時点における東証一部の株式時価総額は約590兆円。

Jリートは約10兆円。

なんだか、お金の規模がでかすぎて、あまり

ピンときませんが、笑

 

2001年からJリートは誕生したので

14年で「兆」まで行くのは、順調に増え続けて

いると思いますね。

 

そして、現在は(2017年)

Jリート市場133兆円です。

 

わずか数年で10倍以上に拡大してますね。

日銀がお金を流したりと、国での政策にも

関わり始めてるので、その影響もあって

かと思いますが・・

 

こんなに、注目されてるなら、買いか・?

なんて、素人投資家の私は、思っちゃうわけです。笑

 

それでも、まだ株式の方が規模は

大きいので、

流動性は株式の方が軍配は上がりますね。

 

利益構造と成長の仕方の違い

すでにJリート関係の記事で

書いていますが、

Jリートは、構造上、税引き前の利益の

90%超を投資家に分配することで

法人税が、かからない点は株式との

違いです。

 

Jリートの特性をチェック!賃貸収入の魅力

 

ですが、常にほとんどの利益を分配金に

してしまうため、内部保留が少ないのも特徴です。

 

なので、会社が倒産しないためにも

資金調達をしなければ、いけません。

 

その1つとして、増資をすという方法もあり

株式よりも、増資回数が多いようです。

スポンサーリンク



決算期にも違いあり

基本的には、株式の決算期は3月ですが、

投資法人の決算期は1年を通して

決算期があります。

 

つまり・・

銘柄をうまく組み合わせれば

毎月分配金のように、毎月お金が

手に入るわけです。

 

私のように、「セミリタイア!!」を

目指している人なら、ぜひ活用したい

方法ですね。

まとめ

市場規模はまだ、株式の方が

大きいものの、Jリートの資金も

順調に増えているので、まだまだ

Jリートの市場規模も伸びそうですね。

 

内部保留が少なく、増資を株式より

頻繁に行っているので、少し気には

なりますが、

 

Jリートは上手く投資する商品を

組み合わせれば、毎月分配金が入り

不労所得を手に入れられる可能性があるので、

これは、資金が準備が出来次第、

私はJリートに投資をしてみようと

思います。

 

購入したらお知らせするので

その時はぜひ、参考にしてみてください。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です