20代の資産運用でリバランスが必要か?投資資金によって答えは違う

20代で投資を始めたとして、

リバランスは必要あるのか・・?

 

資産運用の本を読んで

いると、

「年に1回はリバランスを」

みたいに書いてあったりするけど、

 

余程、投資資金を投入していなければ

必要ないのでは?というのが

私の感想です。

 

今回は、リバランスについて

書いて行こうと思います。

スポンサーリンク



年に1回はリバランスは必要?

冒頭でも触れましたが・・

投資資金が少ないなら必要ないと

思っています。

 

100万円~300万円ぐらいなら

必要ないかと。

 

理由は・・

100万円は大金ですが、リバランスを

行うほどの金額ではなく、

下手にリバランスを行うと

売買手数料などで、コスト負け

してしまうから。

 

基本的に分散投資をした場合、

  • 国内株式
  • 国内債券
  • 先進国株式
  • 先進国債券

この4つに均等に投資を行い

一年後に損益のバランスが崩れたら

調整を行う。(売ったり、買ったりね)

これが、リバランスです。

 

もちろん投資金額が多いと(500万~1000万円)

決算を迎えれば損益額も大きくなります

から、リバランスは必要かと

思いますが、

 

20代で投資を始めた場合

資金額はそんなに多くないと

思うので、リバランスを行っても

ほとんど意味がない。

 

少ない資金額での2~3%は誤差範囲です。

 

2~3%の誤差の為に解約して

買い付けた時に手数料が3~4%の場合

せっかくの利益が0円になってしまいます。

(下手したらマイナス)

 

さらに、売却時には税金が20%かかって

しまうので、小さな利益だけだと

儲かってる気もしません。

 

なので1年に1回のリバランスは

投資金額が大きくなってからの方が

よいので、20代のうちは

リバランスをする必要な、ないと思います。

スポンサーリンク



リバランス自体に意味はもちろんあります

もし、投資金額が300万円~500万円

ぐらいにまで到達したら、年に1回は

リバランスを行うか、

確認をしっかりとりましょう。

 

あくまで金額は目安ですが、

300万円ぐらいまで、投資金額が

行くと、各投資先の資金も多くなりますので、

 

損益も最初投資金額の頃に比べて

大きくなります。

 

なので、しっかりと

資産を確認して、偏りすぎて

いないか、確認しましょう。

 

欲ばった資産配分をしてしまうと

収拾がつかなくなる場合も

あるので、気をつけてくださいね。

 

まとめ

私の結論は、

20代の内はリバランスは必要ない!

です。

 

毎月1万円投資で年間12万円

20歳~30歳までで120万円

 

毎月3万円投資で年間36万円

20歳~30歳までで360万円

 

こうやってみると30歳あたりで

資産がそれなりに大きくなって

くるので30歳からリバランスを

しても、全然問題ないのです。

 

投資期間の短い間に下手に

リバランスすると損失が出る

可能性が高いのは、ぜひ頭に入れて

おきましょう。

 

「リバランスってめんどくさいね・・」

と思う人は、

 

バランス型の投資信託に投資して方が

投信が勝手にリバランスしてくれるので

楽です。

 

ただ、バランス型を購入する際は

しっかりと手数料を確認しましょう。

 

最近出てくるバランス型投信は

低コストな商品が増えてきましたが、

まだまだ、割高な投信もあるので、

目論見書などにもチェックが必要です。

 

私のブログでも、低コストな投信を

見つけたら紹介してるので、

興味があったら見てくださいね。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です