日本人の金融資産の中身は?外国と比較すると自国に依存していた

こんにちは~

資産運用を行っていて

ふと、思ったのは、

 

「外国人の金融資産ってどんな中身なのかな?」

 

と気になり、日本人と見比べてみたいな~

と思ったので、統計データを見て調べたので

今回はそんな感じの記事です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

日本人の金融資産は自国に依存している

まぁ、中身を調べなくても

分かる結果なんですけどね笑

 

日本人は、預金を主に資産を

管理しているのは、前から

知っていました。

 

書籍などを読んでも、

「日本人はマネーリテラシーが低い」

「日本人は預金率が高い」など

 

投資を行わない限り、あとは保険に

積み立てるぐらいしかないので

当然の結果ですね。

 

では、どれくらいの資産比率なのか?

 

日本人の金融資産の中身

現金・預金 52,3%

債券証券  1,5%

投資信託  5%

株式等   8,6%

保険・年金・定形保証 29,8%

その他  2,9%

 

となってます。

データは2015年と少し古いですが、

そんなに大きく金融資産が変わると

思わないので、大体正解かと、

 

やっぱり、預金率がダントツで1位ですね。

預金はリスクが運用を行う場合

ほとんどリスクがないですが、

 

日本人のほとんどが

インフレには対応できていない。

 

インフレは物価が上がることを

言いますね。

今後の日本はインフレに突入する

可能性は大いにあるので、

 

預金をただ寝かせておくと、

資産が目じりしていきます。

 

個人的に投資信託はもう少し

15%ぐらい?いってるかと

思いましが、

まだまだ、投資に関して抵抗や

不安を持っているは多いようです。

 

2位は保険や年金ですね。

2位の理由も保険や年金は

強制加入感が強いからだと

思っています。

 

会社に勤めていれば、厚生年金は

嫌でも、払わなくちゃいけないし

保険の会社や親せき、知人などの

紹介でとりあえず加入しとくか・・

と加入してしまう。

 

だから必然的に2位なのかなと、

年金はしっかりもらえればいんですけどね

・・・どうなるやら(苦笑)

 
スポンサーリンク



スポンサーリンク

米国の金融資産の中身

現金・預金 13,9%

債券証券 5,1%

投資信託 10,7%

株式等  35,4%

保険・年金・定型保証 32,1%

その他 2,8%

 

預金少なっ!

クレジット社会だから?笑

それにしても、少ないですね。

 

株式と比べると、約1/2しか

現金を持っていないことに

なります。

 

治安の問題で現金を多く

持っていると危ないという

理由もあるかもしれませんが、

 

株式に35%も投資しているのは

事実。

 

インフレ対策は米国の方が出来て

そうです。

ただ、日本人より資産のリスクが

高いのも、事実ですね。

 

個人的に預金がたいして

なくても、生活出来てることに

驚いています。

(私も預金率15%ぐらいにしてみよういかな)

 

ヨーロッパ全体

現金・預金 34,6%

債券証券  3,8%

投資信託  8,6%

株式等   16,3%

保険・年金・定型保証 34,2%

その他 2,5%

 

ヨーロッパは米国と比べると

日本よりの中身ですね。

それでも、日本の方が預金率は

全然高いけど、

 

もう少し、株式や投資信託に

投資をしているかと思いきや

それほど、投資はしてないですね。

スポンサーリンク

まとめ

こうやってみると

面白いですね~

数字で見るとよりはっきりしますね

日本の預金率の高さを笑

 

もう少し投資にお金を

回してもいいような気もしますが、

やっぱり義務教育でお金に

ついて学ばないと親しみがないから

難しそうですね。

 

ヨーロッパでは、学校の授業で

お金について必須科目として

勉強を教える国もあるようですし

(日本にもぜひ導入してほしいですね)

 

今の日本では、いかに早く

お金の大切さを知って自分で

勉強していくかが今後の生活に

影響しそうです。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です