ETF投資入門!著者「カン・チェンド」ポートフォリオの組み方が参考になる

こんにちは!

ETF投資の入門書籍として

個人的に「カン・チェンド」氏の書籍が

参考になったので、少し紹介します。
スポンサーリンク



ETFがどんな商品かわかりやすく解説している

「ETFってそもそも何?」と

ETFがどんな商品か分からない人

にも、簡単にわかりやすく書いてあります。

 

途中に出てくる用語についても

解説が入ったりと、読んでいて

「あれ?この単語の意味なんだろ?」

とは、なりにくです。

 

ETFのメリット・デメリットも解説

ETFのメリットについても解説しています。

  • 商品の透明性
  • 流動性
  • 維持コストが安い
  • 品揃え

各内容についても、書いてあり

何より素人目線で書いてあるので

理解しやすいです。

 

またデメリットについても

  • 売買時の手数料
  • 売買単位について
  • 分配金の再投資
  • 金額指定

などについても

解説しています。

 

日本と海外のETFについても記載

なかなか、海外の商品には

手を出しづらいですが、

書籍には、海外の商品にも少し

書いてあり、

 

日本と海外商品の比較も

書いてあるので、個人的には

面白い内容でした。

 

また、海外の情報についても

HPを記載してくれていたので

わざわざ、どこのHPをみればいいか

探さなくて済むのでありがたいですね。
スポンサーリンク



この書籍のメインはポートフォリオの組み方が参考になる

私は、ポートフォリオの組み方の内容が

非常に参考になりました。

 

1つ、2つのポートフォリオの組み方なら

ここまで絶賛しませんが、

ポートフォリオの組み方が18パターン

記載されています。

 

これだけのパターンが記載されていると

自分がどんなパターンの運用方法が

合うのか、ある程度参考になり

 

パターン1つ1つにポートフォリオの内容に

触れているので、

「なんでこの組み合せ?」の疑問も

解消されます。

 

特に投資を始める人、

始めて間もなく、ポートフォリオの

組み方に悩んです人には、

参考になる資料です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ETF投資入門 [ 姜忠道 ]
価格:896円(税込、送料無料) (2017/3/21時点)

 

まとめ

ロボアドバイザーや

バランス型投資のみしか

行わない人には、有効に使えるか

難しい本かもしれませんが、

 

それ以外の人には、読んでおいて

損はないかと思います。

書籍にもなる、資料にもなる

本ですので、一度本屋などで

見てみるのもいいと思います。

 

著者である「カン・チェンド」氏は

日本で唯一のインデックス投資

アドバイザーです。

 

別書籍になりますが、

「毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」

などが、有名みたいですね。

(私も本屋で何回もみたことある)

 

インデックス投資を中心に書いている人は、

基本的に無理な運用方法などは、書いていなく

初心者にもわかりやすく、説明しているので

参考になる書籍が多いように感じます。

 

投資を始めるなら、インデックス投資を

おすすめしている著者を探してみた

方が良い書籍に出会えると思います。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



2 Comments

むっく

ETFですかー自分はまだバランス型にしか投資出来てないのでまだまだですが、ちょっと興味はあるので調べてみたいと思います!(>_<)
「毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」は自分も読みましたよ!
とても読みやすく参考になったのでまた読み返したいなーって思える一冊でした(^-^)

返信する
ジュン

コメントありがとうございます。
バランス型はいいですよね~
私も積み立ててますし
何より楽です笑
ただ長期投資をするなら
信託報酬はETFの方が安い場合が多いです。
その分購入金額が投資信託(非上場投信)より
高いですが、、

おっ!読んだのですね!
投資の基本となる本は、世界の金融が大きく変わらなければ
一生使える書籍になるので、私も何回も読み直しています。
「毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」はまだ読んでないので
機会があれば私も読んでみます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です