クラウドファンディングとは?投資方法にも5種類あります

こんにちは~

今回は、クラウドファンディング投資

ついての記事を書いて行きたいと

思います。

 

そもそもクラウドファンディング投資とは

どんな投資方法なのか?

中身を一緒に見てみましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

クラウドファンディングとは?

インターネット上で不特定多数の人達から

小口の資金を集める仕組み

のことを言います。

 

crowd(群衆)

funding(資金調達)

の意味です。

 

「やりたいプロジェクトがあるけどお金がない・・」

そんな人達が、インターネットを使って

たくさんの人達から、お金を

集めて、プロジェクトを行ったりします。

 

クラウドファンディング投資にも

種類が5つもあるので

簡単にどんな種類の投資方法が

あるか、1つ、づつ紹介していきます。

 

非投資型(融資型)

見返りが一切ないのが特徴のタイプです。

個人やNPOなど、社会貢献活動や慈善活動を

行っている人達や団体が、ネットを通じて

個人から寄付金を集めるための仕組みです。

 

お金持ちが行っているやつですね。

見返りなしに世の中の役に立ちたい人が

行う投資スタイルです。

 

日本でも、東日本大震災の時に

人々がお金を募金した活動も

内容としては、この融資型タイプに

当てはまりますね。

 

非投資型(購入型)

負担分に応じて商品やサービスが提供される。

新しいサービスや商品を作りたくても

資金のない、個人や企業がネットを通じて

個人から開発費を調達する仕組みです。

 

「自分で考えた映画を作りたいけどお金が・・」

このような人が資金調達をして

お金を集め、映画が作られた場合、

 

購入型は、その映画の鑑賞券などが

送られたりします。

 

要は、お金ではなく商品やサービスと

して投資家に還元してくれるわけですね。

スポンサーリンク



投資型(融資型)

ソーシャルレンディングとも

言われている、投資タイプになります。

私のポートフォリオにも最近組み込まれています。

 

ネットを使って個人投資家から資金を

集めて、そのお金をクラウドファンディング事業者が

個人や法人に融資を行います。

 

そして、融資先がお金を返済した金額と

利子を個人投資家に還元します。

 

このタイプは、お金として投資家に

返ってきます。

 

資産運用を行うならこのタイプですね。

利回りが高いのが特徴です。

(平均利回り5~10%)

20代の資産運用ソーシャルレンディングで不労所得を作り出せ!

20代の資産産運用ソーシャルレンディングのメリットやデメリットとは?

ソーシャルレンディングの利息収入で不労所得生活できるか?考察

投資型(事業投資型)

プロジェクトの成果に対してリターンが

支払われるタイプです。

 

プロジェクトの成果のに

基づいて、投資した割合に応じて

金銭的なリターンが投資家に支払われます。

 

プロジェクトが成功しなかった場合は

もちろんお金は返ってこないし

リターンもありません。

 

このタイプに投資する目的としては

事業から生まれる収益はもちろんですが、

事業者への共感も大事です。

 

「このプロジェクトが気に入ったから応援したい!」と

思うものなら、投資してみるのも面白いと思います。

 

内容も確認しないで、収益目的だけで投資するのは

ギャンブル性が強くなるので、おすすめはしません。

 

投資型(株式型)

個人がネットを使って非上場企業に

出資して対価に株式(非上場株)を

受け取る仕組みです。

 

IPO投資と似ていますね。

上場されれば大きな利益を狙えます。

 

個人で購入できる金額は1人あたり50万円まで

で、企業は年間1億円以下までしか資金を

集められないというルールがあります。

 

証券口座からIPO投資を

しようとしても、抽選になるので

IPO投資をしたい人は、証券口座と

クラウドファンディングの両方を使った方が

当たる確率が高くなりそうです。

 

ただ、IPO投資系はリスクも

それなりに付いてますので、

絶対に余剰資金で行いましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

クラウドファンディングにも

色々な投資方法がありますね。

個人的には、融資型と購入型に

注目しています。

 

融資型はもちろん金銭的リターンを

狙ってますが、

自分が応援したい映画製作に投資して

映画の券をもらえるのも、

楽しそうです。

 

融資型はすでに始めているので、

資金面に余裕が出来たら

購入型にも投資してみようと

思っています。

 

別の機会で、株式型のクラウドファンディング

についても、書いてみようかと思っています。

(これも、楽しそう!)

 

では、また~!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です