投資信託の積み立て金額いくら?より目標金額を決めよう。

こんにちは!

投資信託を始める人は

一括で購入する人もいると

思いますが、

 

毎月金額を決めて積み立て投資する

人の方が多いと思います。

 

「毎月いくら積み立て投資すれば?」

と考える人もいますが、

 

いくら投資するかを考えるより

目標金額を先に決めた方が

毎月いくら積み立てればいいか分かります。

 

一例を含めて説明したいきますね。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

自分のライフプランでいつお金が必要か考える

一般的に人生でお金を多く使う時は、

  • 結婚
  • 車・家
  • 老後の生活資金

この3つぐらいだと思います。

 

なので、自分でいつぐらいに

いくら金額が必要か、先にざっくりでいいので

計算してみましょう。

 

結婚資金

私は結婚していないので

細かい数字が出せないのですが、笑

一般的に300万円~500万円かかるそうです。

 

盛大な結婚式でない場合は

100万円~200万円ぐらいで

済むそうですが、

(私の友人は250万円ぐらいかかったそうです。)

 

今の年齢にもよりますが

22歳から働きだして

30歳で結婚すると想像すると

8年間運用期間があります。

 

結婚資金を300万円として

運用期間が8年間

年率5%のリターンが入ると計算すると・・

毎月25,480円積み立てれば

8年後の30歳には、300万円の

結婚資金が作れます。

 

結婚相手と二人で貯めるなら

毎月12,740円で済みます。

 

「結婚資金ってお金かかるからたくさん貯金しないと・・」

ただ、漠然と貯金だけしていると

精神的にも疲れますし、

リバウンドしてしまう可能性もあります。

 

でも、先に毎月結婚資金を積み立て投資

してしまえば、精神的に楽ですし、

余ったお金を自分の趣味などに

使えます。

(自分に使うお金もしっかり確保しよう!)

車・家

この2つは、人によって

不要かもしれませんが、

 

車の積み立て投資は

個人的にはおすすめしません。

車用に貯金して、貯まったら

購入した方がいいと思います。

 

理由は、20代から

  • 結婚資金
  • 車の資金
  • 家の資金
  • 老後の資金

この4つを積立て投資しようとすると

(給料が良ければ別ですが)

20代の給料でこの4つの積み立て投資は

結構きついです。

 

結婚資金と老後の資金の2つぐらいの

方が、投資金額も抑えられるし

自分に残るお金も増えます。

 

投資はお金を効率よく増やすことも

出来ますが、リスクも付き物なので

 

全てのライフプランに必要な

お金を投資するよりは

貯金で購入できるものは

貯金から使った方が

リスクも軽減できて良いと思います。
スポンサーリンク



老後の生活資金

20代で投資をする人が

一番気にかけているのは

自分の老後の資金問題ではないかと

思います。

 

私も20代ですが、

将来、貰える年金の少なさや、

受給年齢が今後も伸びてくると

考えると、

貯金だけで賄うのは

厳しいかと思います。

 

「65歳になったらもう働きたくない」

人はインデックス投資でゆっくりと

資産形成をした方が賢明かもしれません。

 

「死ぬまで働く!」って人は

老後の資金3000万円と言われていますが

一生働く人は、ここまで資金を

貯めなくても、いいと思います。

 

22歳から65歳までを運用期間として

目標金額を3000万円に。

年率のリターンを5%とすると・・

毎月16,564円積み立て投資を

すれば達成できます。

 

毎月の金額で考えると

意外と毎月の積み立て額は

大きくないですね。

 

これなら、無理なく投資できそうです。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

まとめ

結婚資金と老後の生活費を

一人で賄う場合。

 

結婚費 毎月25,480円

老後費 毎月16,564円

 

2人で計算すると

結婚費 毎月16,564円

老後費 毎月8,282円

 

どうでしょうか?

一人で資金を貯めても

無理なく貯めれそうですし

2人で貯めるなら、さらに

難易度は下がります。

 

驚くことに、一番お金のかかりそうな

老後資金が20代から毎月積み立て投資を

すれば、投資額は大きくないこと。

(夫婦二人で貯めれば、ひと月の飲み代を

抑えれば達成出来てしまう。)

 

なんで3000万円という大金なのに

毎月の投資額がそんなに低いのか?

 

この疑問を思った人は、「複利」に

ついて調べてみてください。

20代の人に必見!複利の効果を知ろう

この記事にも、書いてあるので

気になる人はぜひ読んでみて下さい。

 

「とにかく貯金しなくちゃ・・」と

毎月5万、6万とやみくもに貯金しなくても

毎月3万~4万円資産運用に回せば

無理なく、必要は資金は貯まります。

 

積み立て投資額をいくらにするかを

決めるより、

 

これから、自分のライフプランに

必要な費用はいくらかかり

いつまでに必要か?

目標金額を達成するのに

毎月いくら積み立てればいいのか?

を逆算すれば自然と答えは出てきます。

 

投資を始める際には、まず一度

ざっくりとでいいので、

計算してみるといいと思います。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です