投資信託で分配金生活は可能か?消費税や計算方法を考察してみた。

こんにちは!

今年の夏は暑いですね~

平均気温30度ぐらいですかね?

 

さて!今回は、投資信託で分配金生活は可能か?

メインに考察していきます!

 

不労所得関係の記事でちょうくちょく

書いてはいましたが、

メインには書いた事なかったので

今回、分かりやすくこの記事に

書こうと思った次第です!

スポンサーリンク



投資信託で配当金生活は可能か?

結論は「可能です

投資信託にも「再投資型」と「毎月分配金」があるので

一応どちらに投資をしても配当金生活はできますね。

 

自分の投資したお金を守りながら

配当金を手にしたい人は「再投資型」の商品を選んで

投資した方が良いと思います。

 

逆に、今すぐにでも配当金が欲しい人は

「毎月分配金」の商品を選んだ方が良いと

思います。

 

ただ、毎月分配金の方は自分の資産を

守りながら配当金生活を送るのは

難しいと思いますので、どちらが自分の性に合うか

確認してから投資をした方がいいです。

 

もう少し具体的に書いて行きますね。

 

再投資型での配当金生活

再投資型の場合は

「複利効果」を味方につけて資産を雪だるま式に

増やして行きます。

 

20代の人に必見!複利の効果を知ろう

 

なので、お金をたくさん持っている人は

大金を再投資型に突っ込んでしまえば

すぐに、配当金生活は送れます。

 

しかし、私のように「お金ないよ~!」と

日々嘆いている人は、時間をかけて

お金を増やして行くしかありません。

その期間は一概に言えませんが、

投資信託のみで配当金生活を送るなら

30年~40年ぐらいの期間が必要だと

思っていた方がいいですよ。

 

つまり、20代~30代ぐらいから

運用を始めれば、定年ぐらいには

配当金生活も夢じゃないわけです。

 

40代以降の人は、投資金額を数十万単位で

投資して運用すれば、定年+5~10歳ぐらいで

そこそこ資産は作れると思います。

 

投資信託の積み立て金額いくら?より目標金額を決めよう。

 

投資を行う際には、目標金額を決めておいた方が

いいですね。

闇雲にお金を貯めるより、具体的な金額を

決めた方が逆算できるし、毎月いくら投資すれば

いいか分かりますからね。

スポンサーリンク



毎月分配金型での配当生活

毎月分配金型の方は、

投資した次の月から

分配金が入ってくる商品です。

 

投資信託の場合、「基準価格(10,000口)あたり分配金〇円。」

とされているので、

10,000口あたり100円の分配金が出るなら

10,000,000口保有すれば毎月10万円近く

分配金が手に入ります。

 

しかし、毎月分配金には注意すべき点が

何個かあります。

 

毎月分配金の罠

良い投信?悪い投信? 第3部

 

↑以前書いた記事です参考までに。

 

一番頭に入れといた方がいい事が1つ。

毎月分配金型は自分の資産が減る可能性が強い。


あなたの毎月分配型投資信託が危ない! 日本で売られている上位80本を分析したら危険なファ [ 深野康彦 ]

もし、毎月分配金型を使って投資するなら

書籍を1冊か、2冊ぐらい読んでおいた方がいいですね。

 

投資商品にも税金がかかります。

売却する際に。税金が20,315%とかかります。

なので、計画性を持って売却することを

おすすめします。

 

「少し利益出てるから売却しておこう」と

特に使う予定もないのに売却してしまうのは

勿体ないです。

 

まとめ

さて・・・

投資信託の話題もあまりなくなってきたな笑

 

私自身もブログの為に面白い投資商品などが

あれば購入して、ネタにしてますが

最近だと、ソーシャルレンディング投資とかね

ラッキーバンクから初の分配金!投資信託じゃなくてもほったらかし運用

 

あと少し気になってるのがIPO投資ですね。

NISA口座も今移管準備中なので

準備が出来次第、ETF商品もいくつか

購入してみたいなーと思ってます。

20代の資産運用!ETF商品は投資信託より運用コストが安い?

 

ここまで到達したら、あとは副業に専念して

生活コストを見直し、セミリタイアを目指すのみ!

 

セミリタイアについて考えてみる

 

今年もあと半年を切りましたね。

(早い笑)

どこまで行けるか・・

乞うご期待!

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です