IPO投資ならポイント貯めて当選率UPできるSBI証券がお勧め!

こんにちは!

このブログを新着順に読んで下さっている人なら

タイトルを見て気づいていますね?

私はIPO投資に興味を示し、夢中だと。

 

さて、今回はIPO投資を始めるなら

SBI証券を使った方がいいよ!ってお話です。

 

「どうしても、IPO投資(当選)したい!」って人は

複数の証券口座を持って、抽選するみたい

ですが、私はとりあえずSBI証券のみで

チャレンジしてみようと思います。

(複数口座開くのめんどくさい笑)

 

今回は「SBI証券」編です。

スポンサーリンク



SBI証券のチャレンジポイント

他の証券口座にはない

SBI証券の独自のシステムです。

 

チャレンジポイントとは・・

抽選に落選した場合「1ポイント」ずつ

貯まっていきポイントが多くなれば

抽選に当選しやすくなるシステムです。

 

他の記事などを見たところ

確定的ではありませんが

チャレンジポイントが100ポイント以上

あると当選確率が高くなるようです。

 

1回の落選につき1ポイント。

つまり、100回落選したら

100ポイントか・・

(おや?なんか大変そうだな)

 

しかも100ポイント貯まっても当選確実ではなく

あくまでも、確率が高くなるだけ。

 

簡単に「IPO投資で稼ぐ!」とはいかないようですね。

メイン投資より、サブ投資にした方が

良さそうですね。

 

SBI証券のIPO投資ルール

個人に配分する数が100%の場合。

 

70% ノーマル抽選

30% IPOチャレンジポイント

 

と、なっています。

ノーマル抽選は、機械による普通の抽選。

 

IPOチャレンジポイントは、多くポイントを

使用した人に配分すると、言うことですね。

 

落選して、「はい、終了!」とはならずに

落選してもポイントを与えて当選確率を

上げることが出来るこのシステムは

個人的にかなり良いなと思います。

 

落選したら、しただけ当選に近づけるわけです。

 

SBI証券は一人で多くの需要申告ができる

マネックス証券などは「一人一票制」なので

お金を持っていようが、なかろうが

みんな平等です。

 

しかし、SBI証券にはその制度はないので

資本が多ければ、多いほど抽選に有利になります。

 

お金がない身からしたら悲しい話ですが

その変わり?なのかチャレンジポイントがあるから

個人的には、「まぁしょうがないか、」と思っています。

スポンサーリンク



前受金が不要

入金額が0円でも、数社のIPO抽選に

参加できます。

 

ただし、抽選日には100株分の資金がないと

抽選対象外になるので注意が必要。

 

例えの話ですが、

100株10万のIPOに需要申告を

300株にした場合。(必要な金額は30万円)

 

抽選日に口座に20万円(200株分)しかなくても

200株分は抽選対象になります。

 

つまり、少し多めに申告しておけば

抽選確率が少し上がる可能性がある。

 

申告する時は少し見栄を張った方が良さそうです笑

※「補欠当選」になった時の注意点

IPOチャレンジポイントを使用して

「補欠当選」になった場合。

 

購入意志表示をしなかったら

使用したポイントは無くなってしまいます。

 

「補欠当選」とは・・

当選している人が辞退した場合

補欠当選者が繰り上がります。

 

なので、もしポイントを使用して

補欠当選したら、購入意志表示を必ずしましょう。

 

もし、忘れてしまったら

補欠当選とポイントを両方無くしてしまいます。

スポンサーリンク


まとめ

本気でIPO投資をやるなら

複数の証券口座を持った方がいいんだろうけど

とりあえず、どんなものか少し始めてみようと

思い、実は既に抽選に参加してみました。

 

まだ、結果は分かってないので

分かり次第、報告しますね。

(一発で当たったら今年の運使い果たしたな)

 

当たれば御の字だけど

ハズてもポイントが入るから

始めるなら早い方がいいと判断。

さて、どうなるかな~?

 

では、また!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です