ビットコインの仕組みとは?今後の成長や長期的運用になるか考察

こんにちは!

今回は「ビットコイン」について

記事を書いていこうと思います。

 

個人的には、少し興味があり

購入してみようかな~なんて思っています。

でも、購入する前にビットコインって何なのか?

しっかり調べてから購入したいので

どんな物なのかを、これから書いて行こうと思います。

 
スポンサーリンク



スポンサーリンク

ビットコインって何?

 

インターネット上でやり取りするお金のことです。

「仮想通貨」や「暗号通貨」などと言われています。

 

世界中に浸透し始めています。

日本でも、ビックカメラやメガネスーパーなどで

ピットコイン決済が出来るようになっています。

その他でも、使えるお店は増え続けているようです。

 

ビットコインは「仮想通貨」なので

日本円や海外のお金のように

実物はありません。

 

なので、お金をATMからおろすという行動がないのです。

(主流になれば、かなり便利そうです)

 

お店での決済方法も簡単でQRコードにスマホを

かざすだけです。

クレジットカード決済よりもさらに楽に

会計が済みそうです。

 

円やドルとの違い

先程に言いましたが、実物は存在しません。

これが1つ。

一番の違いは、通貨を管理する機関がないこと。

 

日本円で言うなら「中央銀行」が日本円を管理しています。

紙幣の発行や流通の管理などを中央銀行が行っているのですが、

 

ビットコインは、どの機関にも所属していません。

コンピューターのネットワークを利用して

通貨を管理する仕組みになっています。

 

新しい通貨の発行や取引の詳細情報は

すべてPCのネットワークに分散されて保存されています。

 

実物の通貨だと、偽造や二重払いなどの

危険性やリスクなどがありますが、

 

ビットコインは、可視化かれた記録のおかげで

通貨の偽造や二重払いなどが防止できます。

 
スポンサーリンク



手数料が安い

P2Pネットワーク上で取引が行われるので

取引の仲介手数料が低く抑えられます。

 

さらに、世界中のどこの国でも、誰とでも

取引が出来る。

 

銀行を経由してお金を動かすようなことは

ビットコインには不要と言うことですね。

 

今後の成長はどうなる?

成長は今後も続くでしょうね。

仮想通貨ということで

日本で主流になるかはさておき

世界規模で考えたら、これから浸透していきそうです。

 

スマホで決済が当たり前になれば

財布を持つ必要もなくなるので

盗難リスクも軽減しますね。

(海外旅行時にはありがたい)

 

資産運用には向いてるか?

ビットコインが生まれてから

価値の変動がとても激しいです。

一日で大きく価値が上がったり

下がったりするので、

投機的な投資をするなら問題ないですが、

 

自分のお金を守りつつ、増やして行くスタイルなら

今現在は(2017年8月)向いていないように思います。

 

こんなに価値が変動していたら

ほったらかし運用が出来なさそうだ。

(私の運用方針に背く)

 

しかし、今後の成長ぶりで資産運用に向く時が

くるかもしれません。

もう少し様子見をしていたほうが

良さそうです。

 

まとめ

資産運用には、まだ早いと思うけど

ビットコインは管理する機関がないわけだから

戦争が起きた時や経済悪化なんかで

自分の保有している通貨の価値が落ちた時に

リスクヘッジには、なりそうですよね。

 

そう考えると、自分の資産の10~20%ぐらい

保有しててもいいかなと思う。

 

余剰資金が貯まったら

ちょっとブログネタ&どんな感じかを知るために

少し買ってみようかなと思います。

 

まだ先に話だけどね、日本のお店で使えないと

あまり持ってても仕方ないしね。

 

私的には、ビットコインが主流になってくれれば

財布を持つ事や海外旅行で外資に変えたりする作業とか

面倒なことが減りそうなので助かる。

今後のビットコインの成長に期待ですね。

 

では、また~!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です