大和-ifree外国REITインデックスの商品について考察

こんにちは!

今回も「大和ーifree」商品の中身を考察していきます。

このブログで、散々ifree商品について

書いてきたので、ブログを見てくれている人は

もう分かってると思いますが笑

 

とりあえず購入費と維持費が安い!

 

では、中身を見て行きましょう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

大和-ifree外国REITインデックス

追加型

投資対象地域 海外(日本を除く)

投資対象資産 不動産投資

インデックス型

決算頻度 年1回

投資形態 ファミリ―ファンド

為替ヘッジ なし

 

この商品は日本を除く外国の不動産に投資します。

今は、東京オリンピックに向けて

不動産投資は少し前から盛り上がっていますが、

 

2020年の東京オリンピックが終わってから

日本の不動産投資に不安がある人には

この商品は、良い商品かと思います。

(そんなにすぐに日本の不動産が衰退するとは思いませんが)

 

運用実績・純資産

資産は増えていますね。

ただ、2016年12月辺りは、停滞してますが

基準価格は順調に上がっているので

資産も後に、まだ上がりそうですね。

 

2016年12月の資産は91百万ですが、

2017年8月の資産は127百万と

+36百万増えています。

 

投資対象

先進国REITと書いてありましたが

資産の中身を見ると・・

アメリカに依存しているのが分かりますね。

 

比率を見ると・・

  • アメリカ 71,7%
  • オーストラリア 8,1%
  • イギリス 4,9%
  • フランス 4,4%
  • その他  9,2%

この商品はほぼ、アメリカのREIT商品と見て

良さそうです。

 

組入上位10銘柄も

全部アメリカですね。

 

「各国のREIT商品を持ちたい」人は

この商品は購入しない方がいいですね。

スポンサーリンク



購入費・維持費

購入手数料 0円

信託報酬 0、3348%

信託財産留保額 0円

解約手数料 0円

償還日 無期限

 

はい。やはり安い笑

 

アクティブファンドなら、もう少し

信託報酬も高いでしょうが

この商品はインデックスファンドなので

ゆっくり、資産を増やしたい人なら

お勧めですね。

 

まとめ

主に、アメリカを中心に投資している商品でしたね。

維持費は安いので、

REIT商品をさらに分散投資しても

面白そうですね。

 

国内REITを・・

大和-ifreeJ-REITインデックス

アメリカREITを・・

大和-ifree外国REITインデックス

 

欧州のREITを・・

三菱UFJ国際-eMAXIS 欧州リートインデックス

 

などで、ポートフォリオを組むのも

分散投資になるので有効です。

 

投資資産を1つだけ持って分散投資出来たと

安心しないで、余裕があれば

さらに資産を分散して

自分の資産を守って行きましょう!

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です