投資信託の平均保有期間は?最低でも5年は保有した方が良い理由

 

こんにちは!

投資信託の「平均保有期間」ってどれくらいか

知っていますか?

今回は、平均保有期間についてと

最低でも5年間は保有した方が良い理由を書いて行きます!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

平均保有期間は「3年」

国が国民に投資を進めています。

「NISA」や「iDeCo」などはそういった理由から

誕生したと考えられています。

 

「老後に年金だけでは頼りないから長期投資で資産形成!」

投資をしている人はすでに良く聞くフレーズですが

実は、投資信託の平均保有期間は「3年間」のようです。

 

意外とみんな、売却してるんですね。

私も、トランプミクスの時に利益が出てたのと

新しい商品の方が魅力的という理由で

売却してしまいましたが・・

 

ちなみに、新しい商品は・・

大和ーiFree 8資産バランス

 

3年ぐらいのスパンで

売却のみや、新しい商品が出て乗り換えてばかり

いると、資産を大きく増やしていけないので

もし、あなたが大体3年間スパンで投資商品を

手放してしまっているなら

注意が必要です。

スポンサーリンク



最低でも5年間は保有すべき理由

景気の1サイクルは「3年~5年」と言われています。

なので、3年間で売却してしまうと

景気のピーク前で売却してしまう確率が高くなります。

(売却している人は利益が出てるからだろうけど)

 

5年間の時間を使えば、資産もある程度増えてきます。

 

逆に、5年間保有しても資産が全く増えない、

又は、資産がマイナスになっている場合は

その商品の売却を検討した方が良さそうです。

 

まとめ

平均保有が3年間だったとは・・

 

(平均保有なんて気にしたことなかったけど笑)

 

本当にみんなが投資に関心を持ち始めたのって

「NISA」が始まってからだと思います。

 

そう考えると、NISAが始まったのは、2014年。

今が2017年だから、ちょうど3年目・・

(さて、偶然かな?笑)

 

2017年からは「iDeCo」に注目が集まってきてますし

今後は保有期間がもっと伸びそうですね。

(iDeCoの場合は強制的に長期投資だけど)

 

景気サイクルが3年~5年という数字があるなら

自分の保有している投資商品を

このまま保有するか?

売却するかの、一つの目安にもなるので

今後の参考になれば良いですね。

 

社会人になって投資を始めた人は

27歳ぐらいまでは、売却せずに保有して

様子を見た方がいいでしょうね。

 

私的には、インデックス投資はそれでいいと思いますが、

それ以外の商品は、定期的に資産の確認と調整を

した方がよいと思いますが・・

 

この辺は個人の考え方があると思うので

あくまでも、私の考えとして聞いてもらいたいです。

 

私の投資商品で一番長く運用しているのが

「セゾン投信」なので

5年経ったらどうするか、検討したいと思います。

2年間セゾングローバル・バランスファンドに毎月1万円投資した結果を報告

 

結果報告は、もちろんこのブログでお知らせします!

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です