積立NISAとは?デメリット・メリットについてNISAとの違い

こんにちは!

また、新たな投資商品が出てきましたね。

積立NISA

すでに、現在あるNISA口座とは別の制度になります。

 

2018年1月から運用開始とされています。

口座開設は、2017年10月から各証券会社で

受けつけを開始しています。

 

どんな商品なのか?

調べましたので、書いていきますね!

スポンサーリンク



積立NISAとは?

  • 年間に投資できる額が40万円
  • 非課税で運用できる期間が20年
  • 投資できる商品は投資信託
  • 途中解約はいつでもできる

なんと!現在あるNISA口座は運用期間が

5年、最大10年間の運用に対して

積立NISAは20年間非課税で運用できる

長期投資を目的として金融商品です。

 

20年間も非課税なのは、かなりありがたいですね。

しかも、途中で解約できる点については

iDeCo商品より、メリットとなりそうです。

iDeCoを使って老後の資金準備!おすすめ商品はこれだ!

 

ついこの間「ワンタップバイ」も出てきたばかり

ですし、最近の投資世界は一般の庶民に対して

かなり力を入れているのでは?と思っています。

 

積立NISAのデメリット

ぱっと見ると、魅力的な商品ですが

デメリットも少しありそうです。

(私個人の思ったことでもありますが)

 

  • 年間で40万円しか投資できない
  • 現在のNISA口座と併用できない
  • 投資信託商品にしか投資できない

 

この他のデメリットについては

現在のNISAと変わらないのでここでは割合します。

 

今あるNISAでは、年間120万円まで投資できますが

積立NISAは、年間40万円までしか投資できない。

 

運用期間で考えれば、積立NISAの方が

投資金額は多くなりますが、

いざという時に資金を大量投入できないのは

かなりデメリットになりそうです。

 

毎月、約3万3千円までしか投資できませんね。

なので、積立投資ですでに毎月3万円以上

投資している人はすぐに口座開設せず

一度、考えてから口座を開設した方が

良さそうです。

 

現在あるNISA口座との併用ができない

うーん・・

これも、少し痛いですね。

 

例えば、SBI証券でNISA口座を使っていた人が

NISA口座と積立NISA口座を一緒に使うことが

できません。

 

NISA口座を持つなら、どっちのタイプにするか

選ばないといけないようです。

 

ちなみに、今NISA口座を使っていて

「積立NISAに変更したい!」という人は

可能で、すでにNISA口座に保有されている

商品も買付から5年間は非課税として扱うことができます。

 

一部の投資信託商品しか購入できない

今あるNISAは、株式は購入できません。

投資信託商品に関しても

証券会社が認めた商品にか投資できない。

 

手数料や信託報酬、純資産など

一定の条件を満たした商品にしか投資できないようです。

 

つまり、出始めたばかりの投資信託商品は

すぐに取り扱い商品には、なりにくそうですね。

 

「この商品良さそうだ、投資しておこう」と

思っても、取り扱い商品じゃないと

投資できないし、年間40万円までしか

資金を投入出来ないから、大きなリターンも

狙えない・・

 

うん。積立NISAは万能では

なさそうです笑

スポンサーリンク



メリットは?

上記にも、書きましたが

一番のメリットは、運用期間が20年間

非課税対象ということでしょう。

 

20年間で考えるなら、現在あるNISAより

投資できる金額は、大きいですから

そちらも人によっては、メリットですね。

 

20代から運用を開始したら40歳ですね。

老後の資金作りには、まだ期間が足りませんけど

世の中の40歳の人は、マイホームや子供の学費などに

かかってくる時期だと思うので、その時の資金用に

運用していくのは全然ありですね。

(途中解約もできるし)

 

まとめ

私的には、運用期間が20年間もあるので

長期投資を目的としている人なら

ありだと思います。

 

逆に短期勝負、株式も運用したい!って人は

今あるNISA口座を使った方がよさそうです。

 

投資初心者に投資の世界に参加してもらいたい

のだろうけど、

こんなに、短期間に色々投資制度や商品を出して

しまうと、どれを扱ったらいいか分からない状態になりそうです。

(すでに、私はパニック状態笑)

 

NISA口座+積立NISA+iDeCo=最強の商品!

・・・でないかな~笑

というか、まとめて欲しい・・

 

運用開始は2018年1月からなので

投資に興味を持った人はぜひ検討してみてくださいね!

 

では、また~!!

スポンサーリンク



1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です