ベーシックインカムのデメリット・メリットは?国に頼らず自分で作ろう。

こんにちは!

今回は、「ベーシックインカム」について

書いて行こうと思います。

 

一時期、少し話題になりましたね。

希望の党の小池百合子さんが

「ベーシックインカムを導入したい!」と言ってたのが

記憶に一番新しいです。

 

さて、そのベーシックインカムとは

一体どんな制度なのか・・・?

スポンサーリンク



ベーシックインカムとは?

簡単に言うなら・・

個人の資産や労働に関係なく

最低限必要なお金を無条件に渡す

社会制度のことです。

 

つまり、社会人であろうが

ニートであろうが、国が毎月お金をくれるわけです。

 

私の大好きな「不労所得」と呼べますね!笑

 

表面上の内容だけ見ると

「いやった~!!働かないで生活出来る!」と

ウハウハな気持ちになれますが

しっかりと、デメリットも存在します。

 

私個人の意見ですが

現段階で日本がベーシックインカムを導入しても

デメリットの方が強い気がしますね。

 

デメリット①財政不足

一番、大きなデメリットは

財政不足についてです。

 

ベーシックインカムが実現できたら

嬉しいですが

「そのお金をどこから出すの?」

気になりますよね?

 

日本の借金は1000兆円を超えています。

そんな、借金まみれの状態で、ベーシックインカム用の

資金はどうするのか?

 

もし、ベーシックインカムが導入されれば

社会保障制度がなくなります。

年金・生活保護・失業手当などなど。

 

全ての社会保障制度を廃止して

日本国民(約一億人)に毎月5万円支給できるか

できないかぐらいの感じです。

 

本当に導入するなら、まずは財政不足をどうするか?

考える必要がありそうですね。

 

②労働意欲の低下

働かなくても、お金が貰えるなら

「働きたくなーい!!」って人と

 

必要最低限のお金が毎月入るなら

「自分のやりたい仕事に就くぞ!」って人と

 

大体、2パターンありますが

みんなが後者の考えなら問題ないかも

しれませんが、(経済成長が見込めるため)

前者しかいなくなって

しまったら・・

 

日本国の経済成長は見込めなくなり

一時的に財政不足の解消が出来ても

また、すぐに財政不足になりそうですね。

 

メリット

最低限の生活が保障されているなら

そのお金の範囲内で生活できれば

働きたくない人は、働かなくて済むし、

 

生活費の為にやりたくない仕事や

残業もする必要がなくなります。

 

又、「本当はやりたい仕事があるけど、給料が安いから

勤められない・・」

という人にとっても、かなりの嬉しい制度ですね。

 

こういった点は、ストレス社会の日本人にとって

最高のメリットになりそうです。

スポンサーリンク



国に頼らず自分でベーシックインカム作っちゃう?

「毎月、お金も欲しいし、社会保障制度も無くしたくない!」

そんな欲張りさんもいるでしょう。(私です!)

 

国がベーシックインカムを導入するかはさておき、

 

ベーシックインカムを「不労所得」と考えるなら

自分で作っちゃえばいいんですよ。

そしたら、毎月、不労所得も入るし

社会保障制度も使える。

(国民全員がそうしたらベーシックインカムいらないね!極論)

 

投資や副業で「不労所得」を手に入れることは

可能ですし、

やり方も、ネットにはたくさん情報があります。

 

何年、何十年先か、(あるいは導入されない)

分からない制度を待つより

一年、二年ぐらい頑張って行動すれば

少しずつですが、不労所得は手に入りますよ。

不労所得の作り方ブログで簡単説明!ゼロから始める3つのステップ

不労所得生活に憧れて、副業を始め1年経った結果

20代から不労所得を手に入れられそうな種類を探してみた。

 

まとめ

ベーシックインカムは、表面だけみれば

毎月、お金が自動で入ってくる最高の制度に

見えますが、

 

導入されれば、社会保障制度が廃止になると

考えると諸刃の剣のような気がします。

 

20代、30代の人からすれば

自分は、健康だし障害もないから問題ない

やりたいことをしたい!」と

思うかもしれませんが、

 

すでに、障害を持たれている人や

働きに出る事が困難な人・年金で生活している人も

現状いるわけで、

ベーシックインカムだけでは

こういった人達は、今よりも困難な状況になって

しまう場合もありそうです。

 

あまり、考えたくありませんが

自分の家族が障害を持った場合、

今の社会保障制度があれば

障害年金や介護制度などで

色々な手当や対応をしたりできますが、

 

社会保障制度がなくなれば

自分達で、全部の面倒(資金面など)を見なくては

行けません。

人の手を借りずに、介護などをするのは

かなり大変だと思います。

 

全ては、国の財政問題をどう解決するかに

よってメリットの方が強くなるか

デメリットの方が強くなるかは

分かりませんが・・・

 

最初の方はいいと思いますが

最終的には、自分達が苦労しそうな気がします。

 

日本政府「財政問題は大丈夫!障害や介護も手厚く保証する!

このレベルまで行くなら

両手を上にあげて、叫びますが笑

 

まぁ、日本に導入されるとしても

まだ、かなり先のことだと思いますけど・・

(生きてるかな?w)

 

今回はここまで、

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です