一般的な株式指数の種類をチェック!インデックス投資者必読!

こんにちは!

今回の記事は・・

世界の株式指数の種類についてです。

 

と、言っても株式指数の種類が

多すぎるので、一般的に有名な株式指数だけの

紹介になります。

簡単に分かりやすく、書いていきます。

スポンサーリンク



日経平均株価225

日本人なら、誰でも知っているであろう

この指数。

日経平均株価

 

東証一部に上場している企業の中から

225社が選ばれ、その銘柄達の平均株価です。

 

味の素・イオン・伊藤忠商事・ANAホールディングス

NTTドコモ・花王・キッコーマン・京セラ

トヨタ・セブン&アイ・などなど、

 

銘柄は入れ替わったりする場合もあるようですね。

 

投資商品で「日経平均225」の商品の場合は

上記の有名な企業、全体に投資していることになります。

 

TOPIX

こちらは、東証一部に上場している全銘柄の指数です。

日経平均株価より、企業の数が多いので

TOPIX指数の方が、安定感はあります。

 

 

過去に指数の推移を見てみると

日経平均株価の指数よりも

TOPIXの指数の方が成績が良いですね。

 

NYダウ

NYダウも有名な株式指数ですね。

こちらは、アメリカのトップ企業30銘柄の平均値です。

 

アップル・アメリカンエキスプレス・IBM

インテル・コカ・コーラ・マクドナルド

マイクロソフト・ナイキ・などなど、

 

こちらの30銘柄も不定期に

銘柄が入れ替わります。

 

1896年は12銘柄で構成されていましたが

1916年には、20銘柄。

1928年には、30銘柄になりました。

 

しっかりとした、企業が今後も増えてくれば

30銘柄から、さらに数が増えるかもしれませんね。

 

「アメリカの有名な企業に投資したい!」

って人は、NYダウ指数に連動した商品に投資すれば

アップルやコカ・コーラなどの企業にまんべんなく

投資できるということですね。

 

S&P500

こっちは、

ニューヨーク証券所

NYSE・MKT

NASDAQ

などに上場している銘柄から

代表的な500銘柄を選定して出来ている

指数です。

 

日本のTOPIX版みたいな感じですね。

(組入れ企業数が多い点では)

 

過去の成績でも、NYダウより

S&P500の方が成績は良いみたいです。

 

銘柄数が多いからパフォーマンスが必ず良いとは

限りませんが、過去チャートを

見るとS&P500指数の方が優れていますね。

 

ナスダック総合指数

ナスダックに上場している全体銘柄のことを指しています。

マイクロソフト・アップル・グーグル

アマゾン・フェィスブック・などなど、

 

IT関連の企業が多いので

指数が他の物に比べると

激しいです。

 

新しいソフトを開発して、発表したら

指数は大きく上がりそうですが

運用中に、システムに問題があったり

一般に浸透しなかったりすると

指数は下落しそうです。

 

この商品はコア投資より

サテライト投資として、投資した方が

良さそうですね。

スポンサーリンク



上海総合指数

上海証券取引所に上場している

全銘柄を表す指数です。

中国本土の平均株価ですね。

 

しかし、指数を検索していたところ・・

取引停止になっている銘柄が

多かったりしているらしく

作られた指数」と言われたりしているみたいです。

(こわッ笑)

この指数は、インデックス指数なので

急激な上昇や下落などは、起こりずらそうですが

個人的には、サテライト投資枠かな~と思います。

 

「中国に投資したい!」という人は

まずは、上海総合指数に連動している

商品に投資した方が、良いかと、

 

香港ハンセン株価指数

香港証券取引所に上場しています。

 

香港証券取引所に上場する

銘柄のうち流動性の高い上位銘柄で構成されています。

 

銘柄数は一定ではない。とされていますが

色々調べていると

「主要銘柄50!」

「主要銘柄33!」と

バラバラ笑

 

一定していないのは

分かりましたが、

「こんなに、数にふり幅あるの?」と

思いました。

(詳しく知ってる方いたら教えて欲しいです。)

 

しかし、アジアでは、重要株式指数になっているのは事実。

香港株式市場の時価総額の7割も占めています。

 

まとめ

インデックスファンド投資をするなら

上記の指数は、覚えておいた方が良さそうですね。

 

一つの指数に投資するよりは

複数の指数に投資した方が

リスクヘッジに繋がるので、

 

日経平均株価+NYダウ

NYダウ+香港ハンセン株価指数

日経平均株価+上海総合指数

 

などで、資産を分散させましょう。

 

個人的には・・・

TOPIX+S&P500+香港ハンセン株価指数

4:4:2の比率で分散投資するかな~

 

ビビりなのでなるべく分散投資を心掛けたいですね笑

 

一度に全部を覚えるのは、大変なので

まずは、日経平均株価とTOPIXの違いから

覚えて行きましょう!

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です