本多製六「私の財産告白」読了。資産の築き方はシンプルだった

お金を使わず貯金する。

詰まるところ、これしかないと・・

 

こんにちは!

今回は、日本のウォーレン・バフェット

一部で言われている。

 

本多清六さんが、書かれた本

「私の財産告白」についての記事です。

 

ひたすらに、お金と向き合い

貯蓄・投資をして一代で

巨額の資産を手に入れた人です。

 

少し、書籍の中を引用して

紹介していきます!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

本多式「四分の一天引き貯金法」

本多さんは、給料が入ったら

まず、四分の一を先に貯金して

残りのお金で生活をやりくりしていたそうです。

 

現代でも、先取り貯金や財形貯蓄なども

あるので、今では珍しくないですが、

 

四分の一を貯金するとなると

結構な金額だと思います。

 

ちなみに、この法則を実行したのが

25歳の時です。

(今の、私の年齢と同じ!)

 

20代の収入だと、大体20万円ですから

月に、5万円は貯金に回すことに

なりますね。(意外にでかい)

 

さらに、本多さんは

給料以外に入った臨時収入は

全て貯金していたそうです。

(副業・ボーナスなど)

 

そして、お金が貯まったら

投資に回して行き、資産を増やして

行ったようです。

 

貯金生活を続けて行く上で一番のさわりに

なるのは「虚栄心」

見栄を張るな

文章で見ると「当たり前」に見えますが

これを実行し、継続出来ている人は

ごく僅かなのも事実ですね。

(ちなみに、本多さんは25歳から何十年と

このやり方を貫いている。)

 

投資の極意!

好景気時代には、勤倹貯蓄を

不景気時代には、思い切った投資を、

時機を逸せず巧みに繰り返すよう

私はおすすめする。

好景気の時は、株価などの指数が上昇するので

「これは好機!投資だー!」と

息まいてしまいそうですが、

本多さんは、好景気こそ

お金を貯めて、不景気時代に備えようと

いう考え方のようです。

 

確かに、長期投資を目的として

投資するなら、そうでしょうね。

 

しかし、私は余剰資金があるなら

長期投資用とは、別に

サテライト投資として投資するのも

ありなんじゃないか?と考えています。

コア・サテライト戦略について考察

 

そのような時は、一括投資が効率いいですね。

(売却時がポイントとなりますが)

一括投資と積立投資、投資を始めるなら両方活用しよう!

 

シンプルに長期投資のみで運用するなら

本多さんの考え方の投資方法で良いと思います。

 

実際に、そのやり方で資産を築いた人ですし

アメリカの投資家「ウォーレン・バフェット」も

似たような事を発言していました。

スポンサーリンク



投資でも、仕事でも、

手っ取り早く儲けようとすると

手っ取り早く失敗する。

投資の世界でも、仕事の世界でも

手っ取り早く儲けようとする人は

これまた、手っ取り早く失敗すると

書いてありました。

 

これに関しては、とても共感できます。

 

投資でも、早く利益が欲しいと投資すると

それは、投機になり

ギャンブル要素が強くなり

損失を被りやす。

 

仕事でも(私の場合は副業中心ですが)

早く収益が欲しいと思って行動しても

上手く行かないことの方が

多いです。

 

逆に、のんびりと

「これぐらいでいいかな?」と

思って行動すると(妥協ではなく)

意外と利益が出たりしています。

 

結局のところ、

慌てず、ゆっくりと、しっかり、持続する。

これが一番、近道なんだと思います。

 

まとめ

さて、この書籍は

基本的には、当たり前のことしか

書いていません。

 

読んでいても

「そんな方法があったのか!?」と

目から鱗が落ちることも

書いていないのですが

 

その当たり前が、如何に大事で

資産を作って行く上で必要なのかを

教えてくれる・意識させてくれる書籍だと

思います。

 

本多さんのすごい所は他にも

たくさんあるのですが

今回は、私が個人的に胸に来た

ところだけを抜粋しました。

 

興味がある人はぜひ読んでみて下さい。

(特に20代は読んだ方が良い!)

 

では、また~!!

スポンサーリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です