SBI証券で定期売却の方法を解説!iDeCoを使わないならこれで老後管理!

こんにちは!

今回は、SBI証券を使って

積立てた投信を定期売却する方法をご紹介します。

 

特に、iDeCoなどを活用していない人は

一度、定期売却のやり方を覚えておいた方が

いいですね。

スポンサーリンク



SBI証券で定期売却をする方法!

まずは、SBI証券にログインします。

 

「取引」をクリックしてから

「投資信託」をクリック!

 

そうすると、

この画面が出てくるので

「売却」をクリック!

 

下にスクロールすると

自分が保有している商品が出てくるので

定期売却したい商品を選んで

「売却」をクリック。

 

 

注文入力の画面になるので

ここで、「定期売却」をクリックします。

 

そうすると

「毎月コース」・「ボーナスコース」と

自分がどういう風に投信を売却したいか

選べます。

 

「毎月コース」を選んだら

毎月・奇数月・偶数月

と3種類から、選択できます。

 

年金感覚で解約していくなら

奇数月や偶数月を選べば

2ヵ月に1回、お金が入ってくることに

なりますね。

 

老後までに、資産が大きく増えなかった場合は

毎月売却でなく、奇数月・偶数月に設定して方が

資産の目じりを抑えられます。

 

設定を完了したら

最後にパスワードを入力して完了です。

スポンサーリンク



iDeCoを活用しないならSBI証券で老後の資産管理を

老後資金の為に資産運用すると

なると「iDeCo」を選択する人も

多いかと思います。

 

iDeCoを使って老後の資金準備!おすすめ商品はこれだ!

セゾン投信が楽天証券のiDeCoに登場!?購入できる幅が広がった

iDeCoに大和ーiFree8資産が登場!SBI証券から買付可能に

 

でも、中にはiDeCoを活用しないで

老後の準備をしている人もいるかと

思います。

 

そんな人は、「定期売却」をお勧めします。

 

売却するたびに税金がかかるのが

デメリットではありますが、

資産運用のフットワークの軽さで

言ったら、定期売却の方が

軍配が上がりますね。

 

確定拠出型年金のデメリット・メリット運用方法を増やす。

↑こちらにその理由を詳しく書いてあります。

 

まとめ

上記の定期売却は、

老後資金だけで考えなくても

ある程度お金が増えたら

2ヵ月に1回感覚で、投信のお金を使いたい!

ということも出来ますし、

ボーナス感覚で活用することも出来ますね。

 

定期売却の嬉しいとこは、

証券口座に残った資産は

そのまま運用され続けるところかと

思います。

 

一括で全額引き下ろすのも

状況によっては、メリットもありますが、

経済状況が悪い時に、自分が老後を迎えて

しまっても、少しずつ売却していけば

損失は抑えられますし、

 

現代の老後人生は30年と言われていますから

さすがに、その間でなら、経済が好調の時も

来ると思います。

 

その時に売却することも出来ますし、

70歳ぐらいまで、元気に働ける状態なら

それまで、売却していで資産を増やして行く

ことも可能です。

(投信は極論、どれくらい口数を増やせるか?

ですからね。

 

20代の人なら、まだ全然先のことでは

ありますが、

こういう方法もあるよーって

事が分かってもらえれれば

嬉しいです。

 

私のブログを最初の方から

読んでくれている人なら

分かると思いますが、

画像に文字を入れることに成功しました!笑

 

今まで、よくやり方が分からなかったのですが、

(やる気もあんまり起きなかった、)

今後、画像で説明する時は

今までより、分かりやすく

説明できるかと思います!

(文字が汚いのは我慢してください笑)

 

今日はこの辺で!

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です