スイッチング(投資信託)とは?やり方デメリット・メリットについて

こんにちは!

今回の記事は「スイッチング」についての記事です。

 

単語自体は知っていたのですが

細かい意味ややり方などは

知らなかったので

この記事を機に書いて行こうと

思います。

 

興味があればどうぞ!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スイッチングとは?

スイッチングとは、投資信託を買い換えることです。 単に現在保有している投資信託を売却して、他の投資信託を購入する際にも用いますが、通常は同一の商品で、その商品に組み込まれている金融商品を乗り換える際に用います。 スイッチングができる商品には、変額年金やセレクト型、アンブレラ型と呼ばれる投資信託があります。

引用元:SMBC日興証券

 

なるほど~

つまり、自分が保有している投資商品を

同じ種類の商品と交換するってことですね。

 

同じ種類の商品と取り換えない場合は

スイッチングとは呼ばそうですね。

 

私は以前、eMAXISバランス(8資産均等型)を

保有していましたが、

eMAXISバランス(8資産均等型)について考察

 

信託報酬や信託財産留保額が安くなった

大和-ifree8資産に変更しました。

大和ーiFree 8資産バランス

 

資産の種類は同じなので

知らない間にスイッチングを行って

いたことになりますね。

 

スポンサーリンク

スイッチングのやり方は?

どんな商品でもスイッチングできるか?と

聞かれたら答えはNOです。

 

乗り換えできる商品と

できない商品があります。

 

以下のような投資信託はスイッチングが可能です。

  • 海外に投資する投資信託で「為替ヘッジなし/あり」
  • 先物やオプションなどを利用した「ブル/ベア型」
  • 決算周期が異なる投資信託で「毎月決算/一年決算型」
  • 資産配分が複数用意されている「債券重視・標準・株式重視型」
  • 通貨選択型で「豪ドル・ブラジルレアル・南アフリカランド・トルコリラ」

 

個人的には、スイッチング機能を使わなくても

自分で保有している投資商品を売却して

新しい商品を購入すればいいかと

思いますけど、一応、機能としてもあるみたいなので

参考までに。

 

スポンサーリンク

スイッチングのメリット

  • 乗り換え先の方が購入手数料・維持費が安くなる
  • 手動で作業するより簡単に乗り換えできる
  • 他の商品に乗り換えることで自分の資産運用を変更できる

 

一番の理由としては・・

新しい投資信託商品の方が

購入手数料・信託報酬

信託財産留保額・解約手数料が

安くなること。

 

作業が簡単になることもメリットには

なると思いますが、

今の時代、スマホ一つで投資できるので

そこまで大きなメリットだとは思いませんね。

スポンサーリンク



デメリット

  • 保有していた商品の信託財産留保額がかかる
  • 保有していた商品が利益を出していたら税金がかかる

 

ここは、普通に投資信託を保有して

売却する時と同じですね。

 

スイッチングでも、手動で資産の乗り換えでも

同じですが・・

投資して間もない間(投資資産が少ない)は

むやみに資産を動かさない方がいいです。

 

手数料負けしてしまう可能性が高くなります。

 

よほどマニアックな投資商品を購入して

いない限り、2~3年は何もしなくて

大丈夫だと思います。

 

まとめ

私は、よほど乗り換えたい商品がない場合は

スイッチングしないでいいと思います。

 

どうしてもしたいなら・・

スイッチングしないで、追加購入した方が

乗り換え手数料なども発生しないので

よりお得です。

 

その人がどういった投資スタイル・プランで

運用しているか、わからない限り

適当なことは言えませんが

 

投資商品の保有期間が5年ぐらい

経たないと商品の良し悪しは

あまり分からないと思います。

(投資した時の経済状態にもよりますし)

 

スイッチングは、あくまでも

豆知識程度に覚えておいた方が

良さそうです。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です