物の価値を見極めるとお金を使うのがバカらしくなる

こんにちは!

今回の記事は・・

物の価値」についてです。

あくまでも、私の考えではあるんですが笑

物の価値を見極めると

お金を使う行動(消費)がバカらしくなります。

 

今日は、そんな話しを少ししたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

物はいつかなくなる

極論ですけどね笑

物は使えばなくなるし、

使っていけばいずれなくなります。

 

その考えを軸に考えると

消費行動をかなり抑えられます。

 

私の話しなりますが、

例えば携帯電話。

私は中古の型落ちしか買いません。

 

キャリア契約だと、少し制限があり

めんどくさいですが

今は、simフリー端末や格安sim

の登場により

お金をあまりかけずに持つことが

できます。

 

新品の携帯電話で全ての機能を使いこなせる

又は、全ての機能を使わなくてはいけない。

 

このような人達なら、新品で最新の携帯電話を

保有していてもいいと思います。

 

しかし、私の場合は・・

ライン・gmail・ネット閲覧・電話

ぐらいにしか使いません。

 

これぐらいなら、新品・最新である必要が

ないのです。

 

携帯電話を1度購入したら

死ぬまで使えるなら新品でも、最新でも

いいのですが・・

 

大体は2~3年で壊れるか

IT市場の進化で従来の機能では

処理性能などが低下してしまいます。

 

嫌でも、今使っている携帯電話を

変える時が来るのです。

 

携帯電話を使い続ける限り

一生買い替え続けるなら

中古の型落ちを購入して

2~3年感覚で使った方が

あまりお金を使わなくて済みます。

 

洋服に関してもそうです。

あまりみすぼらしい恰好は

どうかと思いますが、

 

下着や肌着などにたくさんお金を使う必要は

ないと考えています。

 

勝負下着!なんて言葉がありますが

その時が来たら、その日に新しい

下着に履き替えれば一番衛生的にも

いいと思ってます。

 

上着も一張羅が1つあれば十分だと

思います。

 

靴だって、履くときは一足しか

履けないのだから、2~3足あれば十分。

 

鞄も1~2つで十分だと思いませんか?

 

靴に関しては衛生的な意味で中古でなくて

いいと思いますが、

鞄は物が入ればいいと思っているので

中古で十分。

 

もしくは、新品をできるだけ安く購入し

穴が空くまで使う。

 

「色に飽きた」

「もう少し年齢相応の物を・・」

という理由で購入する人もいると

思いますが、

 

それなら、何歳になっても

使える色・形を買えば済みます。

 

なので、私が購入する時は

基本的に「黒か茶」です。

 

この色なら何歳になっても使えるし

シンプルな物を買えば飽きることがない。

 

いつか壊れるなら高い物である必要も

何個も同じジャンルの物を持つ必要がない

 

私が物を購入する時は

常にこの事を考えています。

 

スポンサーリンク

物を購入する時が一番その物に価値がある

買い物に行くとき、物を物色する時

物を購入した時・・

ここまでが購入した物の価値が

一番高い時だと思います。

 

あとは、右肩下がりどんどん

その物の価値はなくなってきます。

私はそう思ってます。

 

少し使ったら、飽きるか・気分転換に

他の物を使うかだと思います。

 

友人買い物に行くときも

「おっ!これはいいかも!」と

思ったら

まず、その物を購入したら使っている自分を

思い浮かべます。

 

  • 仕事に行くとき
  • 休みの日に使うとき
  • 部屋で使うとき
  • 季節限定で使うとき

様々な場所で使っている自分を

思い浮かべています。

 

そうすると、あら不思議

「別になくても困らないな」と

思い購入意欲が下がります。

 

基本的に「あったら便利はなくても困らない

この精神でいるので

下着類じゃない限り、すぐに購入する理由が

ないんですよね笑

 

なので、お店に行って

テンションが上がっても

一時的な感情だと思うようにしています。

 

ちなみに、物の価値をずっと

維持し続けるコツは・・

自分が持っていないジャンルの商品で

何年後でも自分が身に着けていて

問題ない物を購入することです。

 

そうすれば1000円の物でも

10、000円の物でも

値段以上の価値を提供してくれます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

冷静沈着に物について考えると購入意欲を抑えられる

上記の内容と似ている内容なんですが、

物を購入する時は・・・

 

  • 自分が持っていないジャンル商品か?
  • 何年後も身に着けていられる想像ができるか?
  • レンタルできないか?
  • そもそもいつかなくなるのに買う必要ある?

この事を冷静に考えて

いると購入意欲ななくなります。

 

考えたけど、それでも欲しい場合は

一旦その日は帰り、1~3ヶ月間ぐらい

あいだを開けてみましょう。

絶対に必要ないですから。

 

だって、1~3ヵ月不自由なく

生活出来たのなら

なくても、あなたの日常に支障はないのです。

 

「あったら便利はなくても困らない」

この精神でいけば衝動買いとは

おさらばです。

 

まとめ

上記の内容に納得できたのなら・・・

お金を使うのバカらしくないですか?

私はそう思います。

 

なにも「お金は一銭も使うな!」とは

言ってません。

 

このストレス社会、稼いだお金で

自分の好きな物でも買ってないと

やってられません。

 

本当に自分に必要な物には

携帯電話でも服でもゲームでも

使っていいと思います。

 

念を押しますが、あくまでも

私が物に対して考えてることですからね!

 

ちなみに、私はこのストレス社会から

脱走したいので、

副業に対しての投資。

資産運用への投資。

書籍代(インプットの為)への投資。

には、結構お金を使ってます。

 

物に対しての購入って

イタチごっこな気がしちゃうんですよね、

買ったらまた次の物へ・・

終わりがないです。

 

でも、副業・投資・書籍には

自分が納得できるレベルまで登ったら

お金を使う必要がなくなると思ってます。

(ゴールがあるって意味で)

 

私はむかし、大のRPGゲーム好きだったので

「終わりがないとやだ!」って

思っているのかもしれません笑

 

と、少し長くなってしまいましたが

以上が私の物についての考えでした!

 

参考になる記事かはわかりませんが

「そういう考え方もあるのか・・」と

少しでも思ってもらえたら嬉しいです!

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です