分散投資か集中投資お金持ちになるのはどっちの投資家?

こんにちは!

今回の記事は・・

分散投資か集中投資お金持ちになるのはどっちの投資家?

についての記事です。

 

結論から書くと・・

集中投資の方がお金持ちになれます。

 

その理由や、分散投資と集中投資の違い、考え方を

書いていこうと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

分散投資の意味

分散投資は、自分の資産を減らさないように

資産を分散し、リスクを軽減する為に

行う投資です。

 

「卵を一つの籠に盛るな」は投資を始めた人なら

知っている格言ですね。

 

分散投資を行えば、一つの投資案件が

駄目になっても、他の投資案件で

カバーして資産を減らさないように

出来ます。

 

投資を始めたばかりの人は

分散投資の方が安心して資産運用に

取り組めると思います。

 

投資初心者本にも「資産は分散しよう!」と

口酸っぱく書いてありますしね。

 

しかし、自分の資産を減らさないようにする

投資方法なので

「投資をしてるんだからお金は増える!」

という考え方は少し誤りです。

 

自分の資産を減らさないように分散投資する

が正しい意味かと思います。

 

戦略として、守りながら攻める方法も

ありますが、ここでは割合します。

 

日本人は他の先進国と違い

マネーリテラシーが低いのは

周知の事実だとは思います。

 

日本人は資産運用。欧米人は資産保全。その違いは?

日本人はお金嫌い?

 

お金を、貰う・使う・貯金する。

この3つしか知らなかった人が

お金を資産運用すると・・

 

投資=お金が増える

と思ってしまいます。

 

分散投資でもリターンを上げている

場所に投資すればお金は確かに

増えますが、

「分散投資=お金持ちにはなれない!」という

ことを、再認識した方が良さそうです。

 

長期的に見れば預金よりお金は増え

お金持ちになれるかも知れませんが

数年程度では無理でしょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

集中投資の意味

そのまんまの意味ですが

集中投資は、1つのものに対して

資金を投入しリターンを得る事です。

 

「この投資商品は伸びる!」と

思ったら、その1つの商品に資金を投入します。

 

分散投資との違いは、

リスクは高くなりますが

その分リターンも高くなります。

 

分散投資の場合。

A・B・Cの商品にそれぞれ

10万円ずつ投資して、

 

Aの商品は10%利益が出ても

BとCの商品がマイナス5%ずつ

損益が出たら資産は増えないままです。

 

集中投資はAの商品のみに

投資するので

A商品が10%の利益を出したら

10%の利益が入ります。

 

投資資金にもよりますが

10万円なら1万円だし

100万円なら10万円です。

 

どちらの方が早くお金持ちに

なるか、一目瞭然ですね。

 

投資に慣れててきて

分散投資じゃ物足りなくなったら

集中投資にも目を向けてみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

分散投資は、1つが利益を出しても

他の商品が足を引っ張る可能性があるわけですね。

 

集中投資は、他の投資商品に足を引っ張られる

ことがないので利益を全部ゲットできます。

 

リスクが高いのは、集中投資ですが

お金持ちになれるのは「集中投資」です。

 

守りながら、攻める方法もありますが

資金が100万円以下の場合は、

分散投資だけでいいと思います。

(スタートから飛ばすなら集中投資ですが

よほど勉強しないと難しいし、プロでも難しい)

 

ただ、毎月1万円ほどで分散投資をしていて

「なんか物足りないなー」と思ったら

少し、資金を貯めて集中投資してみては

いかがですか?

 

今回はこの辺で、

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です