寝ながら稼ぐ121の方法 著者ジェームス・スキナー読んだ感想!

こんにちは!

今回は書籍紹介です。

タイトルは・・

寝ながら稼ぐ121の方法

寝ながら稼ぐというワードに惹かれて購入しました笑

どんな内容の本だったか

簡単に説明して行きますね!

スポンサーリンク



著者ジェームス・スキナーのプロフィール

1964年にアメリカ合衆国で生まれる。

19歳で来日して早稲田大学へ。

在日アメリカ合衆国大使館に務め

その後、大手電機メーカーのサラリーマンに。

 

そのあと、財務広報の道へ。

また更に、今度はコンサルタントの道に入り起業家としても活動中。

 

バリバリの働きマンですね。

この行動力はぜひ参考にしたい。

(真似したいとは言ってない)

 

寝ながら稼ぐ121の方法について

寝ながら稼いでいる人の

お金に対しての考え方などが

多数書いてある。

 

寝ながら稼ぐ方法を

121個記載されてます!

 

寝ながら稼ぐと想像すると

利息・配当金・不動産の賃貸料

これぐらいなら

すぐにでも思いつきますが、

これでまだ3つです。笑

 

あと、118個の寝ながら稼ぐ方法が

書いてあるのです。

(中にはそうでないものもあるが、

本業の労働よりは楽だと思います。)

個人差はあると思いますが笑

 

この本は、投資や資産運用を

どうやるか?という指南書ではなく、

お金は色んな方法で稼げるよ。

あなたも考えてごらん?

お金に対しての思考を柔軟化する為の本と思った方が良さそうです

(少しは株式投資について書かれていますが)

 

現在、会社勤めの人に対しても

「こうやって仕事をしていくのはどう?」

具体的な内容が書いてあり

「仕事めんどくせー、働きたくないなー」と思ってる人は

もしかしたら、考え方が変わるかも知れません。

 

固定費が大きいことは、寝ながら損をしているということ

「寝ながら稼ぐ第一歩は

寝ながら損することの排除」

 

固定費さえなければ

売上がゼロでも損失はでない

当たり前だけど、改めて確認すると

自分でビジネスを始める時は

「あれも、これも必要になるかも。」

と準備しがちになりそうですが、

 

固定費をかけないように

ビジネスを起こせれば

よほどのことがない限りは

数ヶ月や数年で資金が足りなくなることはないでしょう。

 

<第5章>株式市場は資産形成を加速させる

この章は個人的にかなり

楽しめて読めました。

リスクよりリターンに集中せよ!

ってところが好きです。

 

その内容をプロのギャンブラーから学ぶ投資術として

書いてありました。

 

えっ!?投資をギャンブラーから学ぶの?

疑問に思ってましたが読んでみると、

プロのギャンブラーと言われているだけあって

やり方が賢い笑

 

この方法なら確かに

持ち金がゼロになることはないな、

と納得です。

 

その後に出てくる

投資の神さまである

ウォーレンバフェットの運用方法に対して

ちっとも面白くない。

退屈そのものだ」と

書いてある部分が面白かったです、

(読めば分りますが、決して非難しているわけではない)

スポンサーリンク



・不動産所有の7つの特典

  • 家賃の減少
  • 老後の安定
  • インフレヘッジ
  • 値上がりに伴う利益
  • 賃貸収入の確保
  • 節税効果
  • 社会的ステータス

これらの特典について

詳しく本には書いてあります。

 

不動産投資と聞くと

少し尻込みしてしまいがちですが

この章を読めば少し不動産投資もありかな?

思えそうな内容でした。

借金も悪くないと思えるほどに笑

 

第7章持ち物の全てが現金の源

この章こそお金に対しての

柔軟な考え方を教えてくれたと思います。

 

7章自体はそんなに

長くないのですが、

個人的には7章以降の章も

7章に書いてあることが

元となってるように感じました。

 

お金に対しての思考を

柔軟化したい人は

7章から読んでもいいと思いますね。

 

まとめ

121個の寝ながら稼ぐ方法は

全部がすぐに出来るものではなく、

あくまでもこうやっても

お金は稼げるんだよ!って感じの

本になってますが、

 

個人的には・・

何か新しいことを始める時は

もう一度、この本を読んで

色々な考え方を参考にしたいと思いました。

 

最近は、本をkindleで購入しているので

この本は少し分厚く、重いのですが

電子データだと

そのデメリット部分が無くて便利です。

いつでも、どこでも、気軽に読める。

 

この点は、後にセミリタイア生活を

目指している私にとっては

非常にありがたいアイテムです。

他にも面白そうな、為になる本が

見つかったらお知らせしますね。

では、また~!!

スポンサーリンク



1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です