稼げば稼ぐほど税金を取られる 幸せだと感じれる年収はいくら?

こんにちは!

「税金を出来るだけ払いたくない!」と節税に奮闘している、イタリアン仮面です。
@itariankamen

今年に入ってもう1月が終わりますね。

(早い、早い)

 

さて!

今回の記事は・・・

稼げば稼ぐほど税金が取られる」

「幸せだと感じれる年収はいくら?

についての記事です。

 

純粋に、お金って「あればあるだけ嬉しいに決まってる!」と思いますが、欧州ほどでないにせよ、日本の税金もじわじわ上がってきているので年収が高い人ほど税金を多く払っています。

 

そこらへんについて、少し書いて行こうと思います。

スポンサーリンク

日本の税率一覧表

さて、どれくらい稼ぐと税金がたくさんかかるのか?

引用元;国税庁

 

oh…

今の時代年収300万円の時代と言われていましたが、

 

年収が300万円だと税率は10%ですね。

住民税が一律10%なので

合計で20%税金で取られる計算です。

 

あんまり意識していませんでしたが、「結構取られてるんだな、」というのが素直な感想。

年収300万円で、そう思うのだから年収300万円以上はもっと大変そうです。

 

というか、年収が1000万円超えてから税率がぐんと上がってます。

年収300万円の人が税金10%に対して、年収が1000万円の人は33%!23%もの差があります。

 

日本にはあまりいないと思いますが、年収4000万円超えは45%!!

もう一年うち半年は税金払う為に働いてるようなもんじゃん…

 

稼ぎが少なくても苦しいし。

稼ぎまくっても苦しい。

 

スポンサーリンク

幸せだと感じれる年収はいくら?

さて、お気付きですか?

この表を見て、私は発見しました!

唯一、いいとこ取りをしている年収層を!!

 

年収695~900万円の層だ!

 

年収330~695万円の層から3%しか税率は増えてないし、年収900万以上からだと一気に税率が10%も上がる。

 

この表の中で一番、無駄に税金を払ってなく、所得も少なくない年収層が年収695~900万円の間ですね!

 

年収が少ない人は投資なり、副業なり本業に全力でぶつかって所得を上げるか、年収1000万円を超えている人は残業しないようにして年収を調整するかの二択だと思います。

 

簡単ではないにしろ、年収695~900万円の間に入れれば一般的な金銭の悩みは軽減されそうです。

(年収が下がる層は一概には言えませんが、)

スポンサーリンク

幸せはお金だけじゃない?

まぁもちろん、世の中お金が全てではないと思いますけど、

 

日常生活の中なら80~90%ぐらいの悩みはほぼお金で解決出来るんじゃないか?

と、私は考えています。

 

「じゃやっぱりお金は必要じゃん!」と思いますが、お金をかけない暮らしを目指せば、お金はあまりなくても幸せに暮らせそうです。

 

お金をかけない暮らしを目指すなら、まずは常識を壊すことがポイントだと思います。

現代社会は、お金をかけなくても様々なサービスや娯楽がたくさんあるので、無理にお金を稼がなくても難なく暮らますし、自分の中で「どのような暮らしが理想か」今一度、考えて見るのも良さそうです。

まとめ

私の場合はボーナスがないので、年収695万円まで行くには月収57万円は必要ですね…

はい。。大人しく最下層で暮らします。

 

月収57万ある人達の年収はいくらだ?笑

適当なサイトをチラ見しか感じ年収900万超えみたいですね。(すげぇぇ~!!)

 

てことは、今現在月収57万ぐらい貰ってる人が一番、数字的に幸せな層ではないか?

 

・・・

 

これ以上ありもしない金額に目をキラキラさせるのはやめよう。。

 

と!こんな感じの個人的考察になりましたが、いかがでしたか?

少しでも、参考になったら嬉しいです!

「今の会社で収入を上げて行くのは難しい・・・」

と感じている人は、投資うや副業をして、会社の給料とは別に収入源を作って見てはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です