セゾン投信の手数料は高い?他の商品と信託報酬を比較してみた。

こんにちは!

最近、セゾン投信を解約しようかな~

と、うだうだしているジュンです。

 

しかし、3年間も運用しておいて

今更、売却するなら保有しておこうかな?

などとも、考えています。

 

バランス型ファンドもたくさん出てきて

低コスト商品も目移りするぐらい

出てきてます。

 

そんな中、改めて

「そういえばセゾン投信のコストはどれくらいかかってるんだ?

と思ったので、

今回、計算してみようと思います。

 

さらに、現在私がメインで積立投資している

大和-ifree8資産と比較してみようと思います。

大和ーiFree 8資産バランス

 

さて、どれくらい差があるのか・・

スポンサーリンク



スポンサーリンク

セゾン投信は手数料が高い!?

購入手数料に関しては、

0円なので問題はありません。

 

しかし、信託報酬は高めだと思っています。

 

少し前に計算した結果がこちら、

基準価格 14876円

保有数 274592口

信託報酬 0、67%±0、03%

 

401652円(投資した額)

2691円(年間維持費)

一日7円

 

という結果に。

信託報酬の計算についてはこちらを参照。

投資信託の信託報酬、計算方法とは?

 

信託報酬0、6%と考えると、

高いと思いますが、

一日7円の維持費と考えると、

「あれ?意外と手数料かかってない?」と

思いそうですよね。

 

次は、大和-ifree8資産と比較してみます。

 

スポンサーリンク

大和-ifree8資産の維持費

大和-ifree8資産も

購入手数料は0円。

ここまでは一緒。

 

問題は維持費。

 

大和-ifree8資産の信託報酬は・・

0,2484%!!

 

<私の保有している数>

610、092口保有

基準価格が11977円

トータル、730597円

一日49円。

 

「あれ?大和の方が手数料高くない?」

 

保有している口数がセゾン投信と違うので

必然的一日の手数料は高くなります。

 

「じゃぁ比較の意味ないじゃん!」

上記の計算は、私が今どれくらい

維持費を払っているか、確認しただけです笑

(というか、計算してる最中に気づきました笑)

 

比較のやり方は簡単です。

セゾン投信も大和と同じ口数で計算すればいい

だけです。

 

セゾン投信

基準価格 14876円

保有口数 610、092口

信託報酬 0、67%±0、03%

 

投資額が、907436円

907436×0、67%=60798円(年間)

60798÷365=166円(一日)

 

約166円(一日)維持費がかかっています。

大和と比べると約3倍もの違いがありますね。

 

投資金額がまだ少ないので、

数百円程度ですが、

長期投資を目的として保有・運用していくと

数千、数万円と維持費に差が出てきます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

信託報酬はなるべく低コストに!

例え、0、1%の差でも、

投資額と運用年月が積み重なれば

かなりの維持費を払うことになります。

 

やはり、改めて計算してみると、

セゾン投信の信託報酬は

高いな・・と思います。

 

ファンドが投資している商品が

違うので、一概に高い!と

言っても仕方ないのですが、

 

素人が長期投資を目的として

20年・30年と運用していくなら

割高な商品だと思います。

 

まとめ

さらに、セゾン投信には

信託財産留保額が0、1%かかります。

 

信託財産留保額の計算方法!素人にも分かりやすく説明

 

信託財産留保額は不要だとは

思いませんが、

維持費の比較として書いているので

この0、1%も無視しがたいものですね。

(運用中はかからないコスト)

 

信託報酬0、6%と見ても

ピンと来ませんが、自分が投資している

商品を計算してみると

思っていたよりも手数料を支払っていると

分かると思います。

 

まだ、計算したことのない人は

一度、計算してみてはいかがですか?

 

(うーん。やっぱりセゾン投信は手数料

高いな~、長期投資でなく、中期投資に切り替えて運用

した方が良さそうだ。)

 

今日はここらへんで!

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です