自作の小屋で暮らそうBライフの愉しみ(著者:高村友也)読んだ感想!

こんにちは!

今月はバレンタインの時期ですね、

(吐血)

 

また今年も店にカップルが来て、

「はい♪バレンタインだょ!」

「ありがとう!美味しそう♪」

とか、やるんでしょうね。

(持ち込み料取るぞおらぁ!)

 

私は2月が嫌いです。

寒い&バレンタインなので

好きになる理由が見つからないぜ。

 

・・・さて、本題に入りますか笑

 

少し前に、

東南アジア月5万円らくらく小金持ち生活を読んだ感想!

この本を読んで、

「毎月5万でこんな暮らしできるのか!すげぇぇ~」と

人生の選択肢が増えた気がしていましたが

 

今回、紹介する本の人は・・・

国内で月2万の生活を送っている人です

2万って、、

どんな生活なんだ??と

思って読んでましたが

かなり面白かったです!

 

この本も一般的には賛否ありそうですが、

私は全然OK!

寧ろ、こんな暮らし方が

出来るならしたい!と

思いました!

 

少し、気に入ったとこだけ

書いて行きますね~

スポンサーリンク



スポンサーリンク

山の一部分を購入して済む

初期費用として

少しお金が入りますが

著者は数十万円で山の一部分を購入してます。

 

土地を手にしたことによって

家賃という固定費がなくなりました。

 

ここをクリアしないと

一ヶ月2万円生活は難しそうですが

この部分を解決できれば

ほぼ、ゆったりとした生活が

作れるのは間違いなしです。

 

文明的な暮らしをしたいなら

この生活は難しいし、生活費のコストも

上がると思いますが、

 

著者は、ネットをして本を読んで

ごはん食べて、畑耕して、と

原始的な暮らしと文明的な暮らしを

少しづつですが取り入れている。

 

なのに、一ヵ月の生活費は2万円。

うーん。

私もネットと本があれば、あとはいらないな笑

(あれ?小屋暮らし向いてる??)

 

スポンサーリンク

家は自分で作る!

「えっ、それは素人には無理でしょ」

「建築法とかあるんでしょ?」

と、思いますが

著者は、一人で一から

小屋を建ててます。

 

しかも、小屋を建てた時の

初期道具が写真に乗ってるんですが

特に専門的な道具を使ってない。

 

  • 金槌
  • のこぎり
  • メジャー
  • ドライバー一式
  • タッカー

どの家の工具箱に入ってそうな

道具達を主力として

小屋を建てたそうです。

 

電動系があれば戦力になるけど

10平米の小屋ぐらいなら

なくてもなんとかなるとのこと。

 

ちなみに、小屋を作っていた時の

著者は建築としても知識や

小屋の作り方などは素人レベル

始めたそうです。

やれば、なんとかなるもんなのですね。

 

スポンサーリンク

月1万円の食費

著者は月に一万円の食費があれば

生命史上稀に見る高水準の食事が採れるし、安物のカセットコンロ1つあれば死なないどころか大抵のものは作れる。

と、書いてありました。

 

kindleの面白いところは

他の読者がチェックを入れた文を

自分の端末で見れるところですね。

上記の文は、11名ほど

チェックを入れてました。

(勇気付けられたのかな?)

 

その辺の考え方なども

書いてあり、

著者な小屋の近くに畑を耕して

野菜も確保しているようです。

 

個人的には「コーラ」に対する考え方が好き。

というか、その気持ちがすごく分かる!

スポンサーリンク



写真で小屋や周りを写してる

著者は、自分の小屋を作る過程の写真や畑、

トイレなどを本に載せているのでリアルな状況を見ることができ、

「こうやって暮らすのか~」と想像しやすい。

 

さすがに、勝手に写真を上げるのは

気がひけるので

興味があったら、本を手に取って下さい。

 

セミリタイア生活に興味がある人は

読んでおいて損はないかと思います。

 

不動産とのやり取りについても詳しく書いてある

この部分は、本当に小屋暮らしを

したい人じゃないとつまらない章に

なりますが、

 

本気でやりたいと思っている人は

詳しく詳細が書いてあるので

おススメ。

 

山の探し方や

不動産とのやりとり

どうすればスムーズに契約できるか、など

私も、もし小屋暮らしをする時が来たら

この本を参考にして手続きをしようと思います!

 

まとめ

いや~個人的にかなり楽しかった本です。

 

税金を取られないように所得を

落とすのは

少し、勇気のいる行動ですが

「気楽に暮らせるなら」をメインに

持って来れば

こんな生き方もありかと思います。

 

というか、一ヶ月2万円で暮らせるなら

私の不労所得収入は2万円超えてるので

小屋暮らしならセミリタイア生活可能ということになりますね!

こう考えると、すごくワクワクします!

「自由」がすぐ近くにあると

感じれますね~

 

まだ、25歳なので

もう少し不労所得収入を増やしたいとは思っていますが、

(無理そうなら小屋暮らしに、、)

逃げ道は必要笑

 

興味が湧いたら

読んでみて下さい!

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です