投資が趣味になると金銭感覚が狂うお話

投資をしている

みなさんなら分かってくれるはず!!

 

投資を始めた頃は、

そんな事なかったんですけどね・・

スポンサーリンク



スポンサーリンク

最初の頃は、1万円投資するのだって怖かった

投資を始めたての時は、

大丈夫だよね?お金なくならないよね??

と、不安で不安で仕様がありませんでした。

 

それはそうです。

働きたくもないのに

嫌々働いて、心身ともにズタボロになり

やっと貰えるお給料。

 

自分の身体と時間を対価にして

やっと手に入るお金なので

ドブに捨てるような行為はしたくない。

 

自分の身の回りやストレス発散の為に

友人と飲みにいくならまだ分かります。

 

しかし、投資なんて

未知の世界で、確実に儲かる保証もないし、

隣で誰かが教えてくれるわけでもない。

 

そんな中での1万円投資は

かなり勇気が要りました。

 

一万円あったら、

一ヵ月分の食費に匹敵しますし、

飲み会だって2~3回行ける。

 

欲しい物だって、余程高額でなければ

買える金額です。

 

それほど、貴重だと感じていた

一万円からの投資人生スタートでした。

 

スポンサーリンク

投資に楽しさを見つけ投資夢中になる

投資の勉強をしながら

毎月、投資をして

自分の納得いく投資スタイルや

将来性、投資したお金に対する

考え方などが確立していくと、

 

当然のことながら

毎月1万円の投資では足りなくなる。

 

老後の為のお金だけなら

問題ないのですが、

私の場合、そういうわけにもいかず、

 

「投資額を増やさねば・・」

 

と、思い毎月の投資額を上げました。

(ここらへんから金銭感覚が狂いますw)

スポンサーリンク



スポンサーリンク

趣味の道具?娯楽?飲み会?そんなのは二の次だ!

そう・・

最初の頃は、

  1. 自分の趣味にお金を使う
  2. 物を買いなおす
  3. 友人と飲む
  4. 投資する

こんな感じでしたが今では・・

  1. 毎月積立投資する
  2. 投資する
  3. 一括投資をする
  4. 部屋で一人、酒を飲む
  5. 余ったお金で友人と遊ぶ

・・・と

このような感じになっています笑

(すまないな友よ・・)

 

少し前までは、

「一万円投資か~うーん。。」

って感じでしたが、

 

現在では、

「これに10万円投資して」

「こっちは、5万円積立てて」

「なに!?いい案件だと!よし20万円いったれー!」

と、なっています笑

 

元々は倹約家

私自身、そもそも倹約家と

言ってもいいほどに

お金を使ってませんでした。

 

趣味の物を買うときも

洋服類を買う時も、

「本当にいるかな?少し考えるか・・」

と、大体1~2年ぐらいたってから

それでも欲しいと思った時に

購入してました。

 

それでも1万円するかしないかぐらい。

 

今現在でも、5千円を超える物に

対しては、1~2年ぐらいは

考えて、それでも欲しかったら

購入しています。

 

それなのに、「投資」となると、

「1万円??足りんよ、ここは10万円で!」

と、自分で自覚しているほどに

金銭感覚が狂っています。

 

まとめ

きっと、私以外にも

投資には数万、数十万円平気で

使うけど、

 

自分の身の周りの物には

お金を使うのに厳しい人だって

いますよね?

 

最近、ふと思ったので

共感を求めて書いてみました。

 

きっとこの金銭感覚は

セミリタイア生活を開始しないと

変わらないような気がしますね笑

 

今日は、この辺で・・

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です