消費税が10%になったら一般人は今よりも消費を抑えると思う

こんにちは!

2019年10月に消費税を

8%→10%に引き上げる方針が

正式に表明されましたね。

(今更言うのもあれですが笑)

 

前回は5%→8%で3%増税。

今回は8%→10%で2%増税。

 

前回よりも1%少ない増税ですが、

どこかの人が言ってましたが

(誰か忘れた笑)

今回、消費税10%になったら

一般人の消費率は下がるでしょう。と

言ってましたが、

私もそんな気がしますね。

 

今回はそこらへんを少し

書いて行こうと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

消費税が10%になったら今よりも消費率は減少する?

原因としては・・

消費税の計算がしやすくなったこと

原因になりそうです。

 

今までの8%とは、

消費税の計算がしづらかったと思います。

 

お店で「1980円+税」と書かれていたら

「150~200円くらい?」

と、感覚的な計算で買い物をしていたと

思います。

 

これが今度10%になったら

「198円+か、」

と、即座に計算ができます。

 

計算自体は非常に楽になりますね。

それでは、なぜ消費率が下がると思うのか?

スポンサーリンク



スポンサーリンク

高額商品の税金部分を見ると購買意欲が落ちる

例えばスマホ。

iPhoneだと、最新機種の場合

10万円ぐらいしますよね?

 

10万円のiPhoneを購入する場合。

税金が10%だと、

一万円を税金として取られます。

 

一万円あれば、安いスマホが一代買えてしまいます。

 

そうやって考えると、

「うーん。どうしようかな。やめるか」

と、購買意欲が減少する可能性が出てきます。

 

8%の時だとそこまで

明確に税金がいくら上乗せされると

計算する人は少ないと思うので

ここまで考えないと思います。

 

どうしても、欲しい人は

それでも購入すると思いますが、

全体的に見ると、購入する人は

減少するのではないか?と

考えられそうです。

 

車の場合やブランド物ならさらに

購買意欲は減少しそうですね。

 

300万円の車を新車で購入する場合。

10%なら30万円が税金で取られます。

 

30万円あれば、一ヶ月の給料分に

匹敵しますし、

毎月10万円で生活している人なら

3ヵ月は暮らせる金額です。

 

3000万円のマイホームなら

税金は300万円です。

 

年収300万円時代の近年。

300万円も税金で取られると

考えたら・・・

 

購入する気は増えますか?減りますか?

 

おそらく、大半の人は、

「もう少し考えてみるか・・」

となると思います。

 

お金持ちなら、気にしないかもしれませんが、

私達、一般人にとって数万、数十万、数百万は大金です。

 

税金が計算しやすくなったことにより、

税金にいくらかかるか、簡単に計算できて

しまうことから、消費率が下がる可能性が高そうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

少なくとも、私の場合・・

めちゃくちゃ気にします笑

 

「レンタルでいいや」と

なりそうです。

 

毎日使うものや税金を無視してでも

欲しい物は購入すると思いますが、

「何か買おうかな~」ぐらいの

気持ちで購入しようとする際に

税金を計算すると、

一気に冷静になり、購買意欲は削がれるでしょう。

 

果たして、消費税が10%になることにより、

日本の経済はさらに発展して

盛り上がるのか?

 

一般人の消費が抑えられ、

商品製造会社や企業がダメージを受けて

そこで働いている私達の給料がカットされ、

さらに消費が抑えられ、、と

悪循環にハマるのか・・?

 

今からだと来年から増税ですから、

2年後、3年後、

日本経済はどうなっているのでしょうね?

 

良い方に進んでくれることを

祈りたいです。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です