ブログ運営が上手くいかない時の考え方、開き直ると続けられます。

こんにちは!

 

私はブログ運営を始めて

もう少しで2年になります。

(よく続いてるもんだな笑)

 

収益化を狙っていない人には

あまり関係のない話になりますが、

収益化を計っている人なら

誰しも通るであろうこの思考・・・

 

ブログを書いてるのに稼げない!

 

私も1年間ぐらいは

缶コーヒー2~3缶ぐらい

しか稼げませんでした。

 

ブログは低コストで始められるので

参加しやすい「副業」ですが、

同時に、ブログを辞めてしまいやすいのも特徴だと思います。

 

私も、何回か「辞めようかな」と

思っていましたが、

その都度に思い返していることがあり、

お陰でまだ辞めずにブログを書いてます。

 

今日は、その考え方を

書いて行こうと思います。

スポンサーリンク



1つの記事を1つの窓と考える

あなたが書いた1記事を

インターネット上の全ての

サイトや記事の1つと考えます。

 

そうやって考えると

数千、数万、数億、それ以上の

数の内の1つが自分の書いた記事と考えると、、

 

たかだか100記事や200記事、

ましてや10記事、30記事で

人に見てもらえると

思わない方がいいです。

 

まぁここまで考えなくても

自分でブログを書くジャンルを

絞っているなら

もっと少ない検索数で済みますが、

 

「数記事書いただけで〇〇稼いだ!」

「3ヵ月で100記事書け!」

 

などを謳ってる人をたまに

見かけますが、95%以上の人は

達成出来ないと思っておきましょう。

 

ブログ運営もお金を稼ごうしたらビジネス

「なんだ、、簡単じゃないのか、」

と、落胆してしまうかも

知れませんが、

 

ブログとはいえビジネスです。

 

自分一人でお金を一から稼ぐので

簡単なわけがありません。

 

サラリーマンなら、すでに

お金が動いている場所で

働くので、仕事が出来ても

出来なくても毎月給料は

入りますが、

 

一からビジネスを起こして

初めから給料(お金)が

発生することは

余程、事前に準備していないと

お金を稼ぐことは出来ませんよね?

 

まして、ブログは誰でも

参加しやすいビジネスです。

誰でも出来る段階でお金を

稼げると思わない方が良いです。

 

ブログ運営で困った時の考え方

ここまで、ボロクソに書きましたが、

逆に考えて見ましょう。

 

数千、数万のサイトや記事が

あるなら、

自分の記事を数百、数千と書いて

そのネットの海の中に

入れたら・・・?

 

ジャンルにもよりますが、

全体の何分の一ぐらいの

記事量があれば、必然的に

あなたの書いた記事は誰かに読まれます。

 

記事が読まれて

気に入って貰えれば、リピーターとして

ブログに来てもらえるように

なりますし、

 

その行為が繰り返されることによって

ブログの評価が上がり

検索順位も上がって来ます。

 

検索順位で上位に来たら

こっちのもんです。

 

あとは、少しずつ収益化を

計ればお金は稼げます。

 

ブログの成果が素人目から

みてもハッキリと分かるのは、

半年~1年ぐらいだと思います。

 

この期間中に200記事ぐらいは

欲しいですね。

(理想は250記事ぐらいかな。)

 

記事がここまで増えれば

絶対に、どの記事が読まれ、

自分のブログを読んでる人は

何を知りたくて検索してきてるか?」が分かります。

 

数記事程度だと、

何を知りたくて検索してきたか?が

明確に分かりません。

 

たまたま検索してきて

見たのかも知れないし、

どっかのサイトで紹介されたのかも

知れないし、

 

記事数が少ないと

原因がわかりづらいのです。

 

なので、3ヵ月、半年、一年と

期間を意識するのではなく、

 

100記事、200記事、300記事と

記事数を意識して書いて行きましょう。

 

期間は、ブログを書き始めた時から

動きますが、

記事数は、あなたが書かない限り

動きません。

 

半年経っても30記事しか

書いてなく、稼げてなかったら

「半年も書いたのに!!」と

思うかも知れませんが、

 

期間を無視して、30記事書いた場合。

「まだ30記事か、目標記事数まであと70記事!」

と、落胆する要素がなくなります。

 

これは、副業として行ってる人には

モチベーションを下げないように

する為に有効だと思います。

スポンサーリンク



開き直るとブログを辞める要素がなくなる

  • ブログの運営期間は関係ない
  • 最初からお金は稼げない
  • 死ぬまでブログを書けば良い

この3点に納得すれば(開き直れば)

 

ブログで稼げないわけがないし、

ブログを辞める要素がない。

 

最初からお金は稼げないけど

記事数を増やして行けば

人に見られるようになるし、

 

そもそも、死ぬまでブログ書いてれば

数百、数千どころか、

数万、数十万ぐらいの記事数です。

 

余程、「今日のご飯」とかで

タイトルを作らない限り

稼げるでしょう。

 

「そこまで考えなくちゃ行けないの?」

ではなく、

そこまで考えたら無駄な考えは不要になります

 

ただ、記事数を増やす為に

中間目標だけ決めて書くだけです。

 

記事数ゴールはないです。

自分の墓場までです。

 

中間の途中、途中で収益が

発生しています。

 

ゴールはモチベーション維持の為

必要だとは思いますが、

 

ゴール=結果

 

と、ならないのが人生であり

ビジネスです。

 

ゴールまで行ったのに

結果が出ずに落ち込み

辞めてしまうぐらいなら

そもそもゴールを作らなきゃ良いだけです。

 

しかし、多少の目安は必要だと

思うので、中間地点を作りましょう。

 

50記事、100記事でも良いですし、

30記事、60記事と間を

短くしても良いです。

 

自分が「よし!やるぞ!」と

なる場所を中間地点にしましょう。

 

まとめ

上記の内容は私がブログ運営を

していて上手く行かなかった時に

考えてることです。

 

「上手く行かないなぁ~」と

 

思ったら、

 

「まぁ、ネットの海を考えるなら300記事程度で稼げるわけないか、」

 

「一からビジネスをするんだから知識も経験もない自分がすぐに

お金を稼げるわけないか、」

 

「というか、死ぬまで書けば運営期間とか記事数、関係なくない?

必然的に、運営期間は数十年だし、記事数だって数万単位だよね?」

 

稼げないわけないじゃん!

 

と、極端な考えかも知れませんが

 

ここまで考えたら

ブログ運営が上手く行かないとか、

稼げないから辞めるとか、

一般的なブログのお悩みは

解消されます。

 

なら?

あとは書くだけですね。

 

1日1記事なら一ヵ月で30。

年間365記事。

5年書いたら1825記事

10年書いたら、3650記事。

 

ここまで書いたら

私の感覚なら数十万円は

稼げてると思います。

 

20代から始めれば

30代ではブログ飯出来てるかも

知れませんね。

 

ブログも早くに始めた方が

資産運用と同じで

効果は大きくなります。

 

少し、娯楽を削って

1日1時間はブログの為に

時間を使いましょう。

 

20代で少し頑張れば

30代で、生産性のないことを

していた人達と差がかなり

広がると思います。

 

失敗しても失うものは

時間と少しのお金だけ、

 

資産運用と違い、30代から挽回する必要もないです。

本業をしていれば、そのまま

働けば良いだけですからね。

 

さて、今日はここまで。

参考になれば嬉しいです。

では、また~!!

スポンサーリンク



2 Comments

むっく

ブログは記事数がゴールじゃなくて、自分の墓場まで書くことが出来るっていう考えはありませんでした!(゜ロ゜)
そう考えると、焦らずに一生続けられれば良いや~って前向きに考えられますね( ´∀`)

あと名前が変わっていてビックリしましたw

返信する
イタリアン仮面

こんにちは!
まぁ、墓場までは極論ですけどね笑
でも、そうやって考えると
精神面的にも慌てる必要性がなくなるので
気が楽になるかな?と思います。
自分の決めた期間中に成果が出れば一番いいんでしょうけどね~

気付きましたか笑
これまでの名前は、いまいち納得できてなくて
とりあえずだったんですが、
ようやくしっくりした名前が出来ましたよ。
「イタリアン仮面」
・・・結構気に入ってます。
おそらくこれが最後の名前変更になりそうです。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です