分散投資の重要性?比率・割合をインデックスポートフォリオで考察

こんにちは!

イタリアン仮面です!

 

さて、今回は「分散投資」のお話。

 

「分散投資って必要なの?」

「投資したいけど比率や割合はどうすれば?」

 

などの人の為に、考察していこうと

思います。

 

人それぞれのライフスタイルや

投資スタイルがあるので、

必ず、こうしないといけない。

というのはないと思ってます。

 

なので、これから考察していく中で

「このやり方ならできそうだな」

と、いうのが見つかれば嬉しいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

分散投資の重要性

まずは、分散投資の話に少し

触れておきます。

 

20代の分散投資って効果があるのか?考察!

 

20代の投資に関する内容は

上記の方が詳しく書いてあります。

 

投資に関しての知識をお持ちの方なら

すでに知っている通り、

 

長期投資を行うなら

分散投資は必須の運用方法だと思います。

 

レバレッジを効かせて大きく

資産を増加させたい人は、

分散投資よりも、集中投資をした

方がいいですが、

 

投資初心者で、本業が忙しくて

「投資ばかりに目を向けてられない!」

という人は、分散投資を活用した

運用方法の方が向いていると思います。

 

分散投資は・・・

1つの投資商品に投資するのでなく、

国内株式・国内債券・海外株式・海外債券など

様々な投資商品に自分の資産を分散させ、

運用していくことをいいます。

 

株式だけに投資をした場合、

最初は順調に資産を築けても、

運用途中で株式が下落した場合、

資産は目じりします。

 

しかし、他の投資商品に分散していれば、

目じりを抑えることが出来ます。

 

こういったことを考えると、

分散投資がいかに必要な運用方法か

分かりますね。

 

スポンサーリンク

分散投資の比率や割合

比率や重要性については、

まず、考えなくてはならないのは・・

自分の投資スタイルです。

 

書籍などに書かれている比率や割合も

参考にはなりますが、

  • リターンとリスク
  • 運用年月
  • 自分の年齢

をしっかり確認してから

比率や割合を決めましょう。

 

例えば、20代30代の場合。

長期運用を目的とした、資産運用を

始めるなら、株式7:債券3

ぐらいでいいと思います。

 

個人的には、株式8;債券2

でもいいと思ってますが、

 

理由は、資産増加を計ることはもちろん、

数十年単位の運用年月だと、

必ず、運用成績の悪い時期があると

想定しているからです。

 

そして、最悪資産が半減してしまっても、

年齢的に、まだ、挽回できる年齢でもあるからです。

 

ソーシャルレンディング投資などは、

リターンが平均8~10%と高めな

投資商品があります。

その分、リスクもありますが、

年齢が20代、30代なら

ソーシャルレンディング投資をしても

いいと思います。

 

投資初心者にお勧めな商品はソーシャルレンディング投資だと思う理由

ラッキーバンクの分配金が1万円に到達しました。使い方を考察

トラストレンディングの案件は瞬殺なのか試してみました。

グリーンインフラレンディングとは?評判や特徴・実績をブログで解説!

 

私自身も、何件かの案件に投資をしていますが、

今のところ順調に運用をされていて、

毎月分配金が入ってきています。

 

投資をいっても、指数を見たり

短期売買をする必要もなく、

企業にお金を貸して、その金額に

合わせて、利息が入る仕組みなので、

投資に時間を使う暇がない人のは

おすすめな運用方法だと思います。

 

自身の年齢が40代、50代の場合は。

ソーシャルレンディング投資は

あまりお勧めできません。

リスクが高いのが一番の理由ですが、

ソーシャルレンディング投資ではなぜ投資先が不透明なのか?

 

ソーシャルレンディングの投資先は

明確に表記されているわけではないので

自分のお金がどこに流れていくか?

正確に分からないのが難点です。

 

40代、50代の人は、20代、30代の

人達に比べて、資産も少しはあると思うので、

株式4:債券6ぐらいの比率で運用を

していった方が、リターンは少ないですが、

同時にリスクも抑えることができます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

インデックス投資商品で考察

以前に書いた・・

大和-ifree日経225インデックス!ニッセイインデックスより安い!

大和-ifree外国株式インデックスについて考察。

大和-ifree日本債券インデックスについて考察!

 

こちらの商品を使って金額の割合を

具体的に考察していきましょう。

気付いた人もいると思いますが、

大和-ifree外国債券インデックス」については

書き忘れていたので、後日記載します笑

書きました!!

大和-ifree外国債券インデックスについて考察!

 

購入手数料も信託報酬に関しても、

どの商品も大きな違いはないので

記載するのも不要かと思いますが、

(私自身が気になるので後日書きます!)

 

さて、先ほどの比率を現金で考えて

考察してみます。

 

20代、30代の人達で100万円を資産運用に使うなら・・

大和-日経に40万円

大和-外国に40万円

大和-国内債券に10万円

大和-外国債券に10万円

 

こんな感じで資産を分散させて

運用を開始して、毎月積立投資で投資していった方が

良さそうですね。

 

毎月こんなにたくさんの銘柄に投資できない!

という人は、

1月は「株式」

2月は「債券」

3月は「株式」

・・・と、隔月投資すれば問題ないと思います。

これなら、銘柄が増えても、毎月の投資金を

上げずに投資して行けますね。

 

上記の4つの投資商品は

分散投資の基本分散になりますが、

新興国にも投資したい人は、

新興国を組んだポートフォリオを作ってみましょう。

 

外国債券を辞めて、新興国株式を入れても

良さそうです。

攻めのポートフォリオの出来上がりですね。

 

40代、50代の資産を持っている人は、

攻めるのか?守るのか?をまず決めて、

守りで行くなら・・・

 

大和-日経・20万円

大和-外国・20万円

大和-国内債券・30万円

大和-外国債券・30万円

 

ぐらいの割合で運用していくのがいいかと

思われます。(少しだけ攻めのポートフォリオですね)

 

ここらへんは、個人の感覚にもよるので

当然変動はありますが、

私の場合、

どうせ投資するならリターンを狙いたい」派なので

どうしても、ポートフォリオを組むと

攻めよりのポートフォリオになってしまいます。

 

あくまでも、参考程度でお願いします。

 

まとめ

「分散投資めんどくさい!」と

思う人はバランス型商品を選べばいいと

思います。

大和ーiFree 8資産バランス

 

楽に運用できるメリットは

ありますが、時には市場が賑わっていても

自分の資産だけ賑わいづらい場合もあるので

バランス型に投資する際は、よく考察してから

投資しましょう。

 

最初からポートフォリオを組めなくてもいいので、

とりあえず、自分が気に入った商品に1つ投資して

みましょう。

 

時間をかけてポートフォリオを作ってもいいんだし、

まずは、実際に投資してみる!

これが一番大事だと思います。

 

参考になれば嬉しいです。

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です