大和-ifree外国債券インデックスについて考察!

こんにちは!

イタリアン仮面です!

 

今回の記事の内容は・・

大和-ifree外国債券インデックス」について

の記事です。

 

投資信託を使って資産運用を行って

いる人はすでに知っていると思いますが、

大和商品は購入手数料が0円で、

信託報酬もかなり低めに設定されています!

 

長期投資目的の人なら

ぜひ、自分のアセットに組み入れる為に

考察してみましょう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

大和-ifree外国債券インデックス

追加型

投資対象地域 海外

投資対象資産 債券

補足分類 インデックス型

決算頻度 年1回

投資対象地域 グローバル(日本を除く)

投資形態 ファミリーファンド

為替ヘッジ なし

対象インデックス (FTSE世界国債インデックス)

 

ちなみに、FTSE世界国債インデックスとは、

日本を除く、世界の国債インデックス指数の一つです。

 

以前は、シティ世界国債インデックスという名前

だったようですが、

2018年から名称が変更されたようです。

 

日本以外の国債インデックス指数

と思ってもらえれば良いかと思います。

 

スポンサーリンク

運用実績・純資産

基準価格・純資産ともに

資産は増加傾向にあるようです。

 

インデックス型で債券タイプなので

爆発的は資産の増加は

ないと思います。

 

純資産額は約17億円。

運用を開始してからまだ一年ちょっとしか

経っていないのでまだ少ないですが、

 

今後も運用が続いて行くと考えるなら

基準価格が上昇する前に一括投資すれば

資産の増加に繋がりそうです。

 

一括投資とボーナスを使えば毎月積立投資は必要ない?(2000万円)

一括投資とは?おすすめの分散投資は?タイミングが大事?

一括投資と積立投資、投資を始めるなら両方活用しよう!

 

スポンサーリンク

資産の中身

米ドル42、7%

ユーロ41、4%

英ポンド7、1%

 

インデックス債券ですから

想像はついてましたけど、

やはり米ドル・ユーロは強いですね。

 

逆にインデックス型なのに、

米ドルやユーロの資産比率が低く、

ランドやペソの割合が高かったら

危険な商品というわけですね。

 

インデックス型商品と

謳っていればそんなことは

ないと思いますが・・

スポンサーリンク



購入価格・維持費

購入手数料 0円

信託報酬 0、1944%

信託財産留保額 0円

解約手数料 0円

設定日 2016年9月8日

償還日 無期限

 

さすが、大和さん!

手数料が安い!

 

債券商品なので、株式より

安いってのもありますが、

これぐらい維持費が安いと

長期運用も安心して行えそうですね。

 

まとめ

唯一のデメリットは、運用年月が短く、

純資産が少ないのが気になりますが、

 

そこを気にしなければ、

購入手数料はかからず、

維持費は安く、

基準価格もまだ高くない。

 

良い商品かと個人的には思います。

 

SBI証券の場合だと、

100円から投資可能で、

NISAにも対応しているので、

お試しで投資してみるもの

面白いかもしれません。

(気に入れば本腰を入れて投資すれば

いいしね。)

 

大和-ifree商品は外国インデックス以外にも・・

大和-ifree日本債券インデックスについて考察!

大和-ifree外国REITインデックスの商品について考察

大和-ifree外国株式インデックスについて考察。

大和-ifree日経225インデックス!ニッセイインデックスより安い!

大和ーifree新興国株式インデックスファンドを考察!

 

などがあり、どれもコスト面はかなり安いです!

参考にしてみてください。

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です