一万円起業著者:クリス・ギレボー(翻訳:本田直之)読んだ感想!

こんにちは!

最近、読み終わった書籍、

「一万円起業」について

感想などを書いて行こうと思います!

 

先に書いておくと・・

スモールビジネスに関しての

知識が少しでもあるなら読まなくてもいいかも・・笑

 

その理由などについても

書いて行きます!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

一万円起業の内容

タイトルの名前通り、

起業すると考えると、

多額の資金が必要だったり、

店舗の確保や人件費の問題など、

考えることが山積みなんですが、

 

一万円起業の本には、

少額の資金でも起業は十分にできる!」とのこと。

そして、実際に少額の資金で起業して

お金を稼いでいる人は実際にいて、

その人達の経験談について書かれています。

 

この書籍で紹介されている人物達は、

  • 初期資金は1~10万円
  • 年間の収益は約500万円
  • 資格や特別な技術は必要としない
  • ごく小人数(自分一人、友人数人がほとんど)

大体がこのような人達が起業しています。

 

自分のやりたいことビジネスとして始め人もいれば、

たまたま気付いたビジネスの可能性に

力を入れたら成功した人など様々です。

 

日頃、自分が何気なく行っていることでも

他人からしたら「ぜひ!お金を払ってでも提供して欲しい!」

なんてことがあるかも知れません。

 

スポンサーリンク

起業スタイル色々

自分一人で企業して運営してく人も

友人と力を合わせて起業した人、などなど・・

 

個人的には、普段は仕事をしながら

他でフリーの仕事をしている二人のお話。

 

現実に疲れていた二人は前々から計画してた

ニューヨークの旅行について計画しようと

していたが、

自分達の気に入った地図や情報が載った

本がない。

 

なら自分達で作ろうか!

 

そう思い、二人でオリジナルの地図を作った。

 

印刷会社にお願いして50枚刷ってもらい

残りの地図をどうしようか考えていたところ。

私達以外にも欲しい人はいなか?」と

考え、ネットで販売した結果、大成功。

 

二人は、勤めていた仕事を辞めて

こっちのビジネスに本腰を入れたようです。

 

この二人は・・

  • 自分達が必要としているものを作った
  • 他にも欲しい人がいるのでは?と考えた
  • コストがほとんどかからないネットでの販売
  • しっかりとビジネス方針を持って経営

このように考えて行動したからビジネスが

成功したと言えそうですね。

 

自分達が必要に感じたものやサービスが

まだ世に出ていなかったら、

それは大きなビジネスチャンスが潜んでいる

可能性があるということですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

読む必要はない?

冒頭で少し触れましたが、

スモールビジネスに関して

知識をお持ちなら、この本は

無理に読む必要はないかと思います。

 

登場人物はみんな海外のお話で、

日本人の体験談ではないので、

現実的に想像がしづらい。

やはり、海外だからだな~感が強いように

思いました。

 

この書籍を読んでスモールビジネスを

考えるなら、

寝ながら稼ぐ121の方法 著者ジェームス・スキナー読んだ感想!

こちらの書籍の方が参考になるかと思います。

 

しかし、専門性は「一万円起業」の方が濃いですね。

 

中古でも売られているので、

もし読むなら中古で探した方が良いかも・・

(作者には申し訳ないが)

 

まとめ

書籍のタイトルからして

「ライトな本かな?」と

思っていましたが、

予想以上に話が濃かったです。

 

最初はスモールビジネスですが、

なんだかんだ本業レベルになってる人が

多いので、スモールビジネス止まりで

満足している人は少数なような気がしました。

 

日本で本業の片手間に行える

スモールビジネスといえば、

  • 物のシェア
  • アフィリエイト
  • 投資
  • ココナラ
  • クラウドワークス

などですかね。

特に、この本寄りなのは「ココナラ」ですね。

物をシェアして小銭を稼ぐ!本業になるか考察!

 

資格がなくても、自分の得意としていることを

提供してお金を稼ぐことが出来ます。

 

スモールビジネスについて

調べたことがなければ

「一万円起業」は有効かと思います。

 

「最初はそんな感じだったのか・・」と

気付かされることが多々あると思います。

 

興味があればぜひ、

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です