ラッキーバンクで延滞発生!原因は?投資金は返ってくる?

先日、トラストレンディングから

初の分配金が私の銀行口座に入金された。

トラストレンディングから初の分配金!不労所得は少しずつ増加

 

トラストレンディングからの入金を

確認した時に、「ラッキーバンクもそろそろか」

と思って、HPにアクセスして分配金を確認したところ・・・

 

今月の分配金額は384円

 

あれ?

確か、毎月2500円近くは分配金が

入ってくるはずなんだけど?

 

もしや・・・

 

恐る恐る、投資案件のプロジェクト進行を

確認したところ・・

 

投資案件に「延滞」の文字が!!

 

あと少しで運用期間が終わるこの

タイミングで延滞が発生しました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

延滞の原因は?

延滞が発表されたのは、GW時期だったようですね。

(全く気にしてなかった・・)

 

メールが届いていたので確認したところ

【現在の状況】
該当の担保物件はこれまで、収益物件として販売活動をおこなっておりましたが、借入人が手掛けた他物件での宿泊施設コンバージョンプロジェクトでの実績と、宿泊施設に適した立地からプロジェクト変更に至りました。

現況の収益物件としての販売活動と並行して、改装工事に向けた入居者の立退きを行っており、2階部分については立退きについて概ね合意、3階、4階については立退きの交渉中となっておりますが、現状、具体的な売却の目途は立っておりません。

【今後の方針】
本借入人は、本来の返済期限である平成30年5月1日付の利息の支払いを遅滞したため、期限の利益を喪失しました。

弊社といたしましては、今後、本借入人に対し、事業の現況等につき情報開示を求め、また、必要に応じ協議等を行った上で本借入人に対する回収方針を決定し、担保物件の任意売却、抵当権の実行としての競売の実施、貸金返還請求訴訟等の手段により、弊社債権の回収の極大化を図って参ります。

なお、サービサーへの債権売却も、最終的な選択肢にはありますが、現時点では、弊社といたしましては、任意売却または担保権の実行による競売によって債権の回収の極大化を図っていく予定です。

引き続き状況に進捗がありました場合には、弊社ウェブサイトを通じ随時告知して参りますので、よろしくお願いいたします。

引用元:ラッキーバンク

 

簡単に説明すると、

物件の売却が上手くいってなくて

収益に損失が生まれたとのこと。

 

現在、事業者になぜ問題が発生したか

確認をしている状況だということ。

 

これ以上、収益に問題が発生するなら、

担保を売却して資金を回収する可能性がある。

 

サービサーも最終的に視野に入れている

とのこと。

 

まぁ、投資商品だし、利回りが高い分

リスクも高いのは承知なので

それほど、ショックは受けてないけど、

実際、損失が出るとへこむよね。

 

しかし、一番気になるのは、

ラッキーバンクの社長である、田中氏の

親族が経営している会社に投資家達の

お金を流していた可能性があり、

自転車操業の可能性もあるようです。

 

・サービサー

・自転車操業

 

どっかで聞いたことのある単語です。

そう、少し前に問題になった「みんなのクレジット」と同じ。

みんなのクレジットは安全か?行政処分勧告を受けたが今後の運用について

 

もし、これが本当なら詐欺罪に該当する内容です。

 

純粋に借り入れをを行った事業が

上手くいかずに延滞が発生しているなら

投資家としては「今回は残念だった」だけで

納得するしかありませんが、

 

不正(投資家に偽りの情報を開示)をしていたら

大問題です。

 

今後、ラッキーバンクがどう対応していくか

気になりますね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

投資金は返ってくるか?

不正だろうが、なんだろうが、

投資家が一番気になるのは、

投資したお金が返ってくるか?

ですよね。

 

仮定の話ではありますが、

借り入れした事業がお金を返せないとなると、

担保物件を売却して、そのお金を投資家に

渡すので、全額損失にはなりません。

 

しかし、全額返ってくる可能性は高くはないでしょう。

 

一番、恐れなくてはいけないことは、

担保が本当にあるのか?です。

 

もし、不正をして自転車操業だった場合、

投資家達に偽りの情報を流していたことに

なるので、担保物件があるのかも

怪しくなります。

 

投資先が不透明な部分は、ソーシャルレンディング上

仕方ないので、上手くごまかしたりできそうですが、

担保物件が偽りの場合は、開示している情報が嘘に

なり、言い逃れができない「詐欺罪」になりますね。

ソーシャルレンディング投資ではなぜ投資先が不透明なのか?

 

投資したお金が全額返ってくる!と思わず、

「少しでも返って来て欲しい・・」ぐらいの

気持ちでいた方が精神的には良さそうです、

 

スポンサーリンク

まとめ

個人的には社長の田中氏は好きなんですけどね。

今後の経営方針として、海外の案件も取り入れる

つもらしく、分散投資が出来ると思ってたんですけど、

田中翔平(ラッキーバンク)怪しい? 経歴や今後の運用方針を調査!

 

とりあえず、事態がどう進んで行くのか

投資家としては見ているしか

現状の対策はなさそうです。

 

他のブログを見ると、

「電話をしたけど、あやふやな対応だった」と

書いてあったので、今騒いでもどうにも

ならなそうです。

 

しばらくは、ラッキーバンクに投資をせずに、

キャッシュを貯めておいて、

最悪、投資金が返ってこなくても

精神的ダメージを受けないように

身構えているしかなさそうです。

 

新しい情報が入り次第、このブログで

記事にしたいと思います。

 

では、また~!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です