セミリタイア生活を送るならひっそり準備しよう

セミリタイア生活って、一般的なルートから

はずれる行為だと言うことは分かっていた。

 

万人受けすることもないこも

承知ではいたけど、

私が年内に仕事を辞めることになったり、

店を閉めるかもしれないと言うことを

耳にした叔父さんがお店に来店した。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

セミリタイア生活をすると言ったら怒られたw

結論は怒られたw

 

私の父親のお兄さんで、現在62歳。

公務員をやっていて、現在は退職金も貰い、

窓際で仕事をする日々の様子。

 

結婚もしていないので、

今後の老後生活にも支障なく

暮らせるほどの資金があるようです。

(独身貴族というやつですな)

 

そんな叔父さんに今後の人生をどうするのか

聞かれたので、素直に答えることにしたのだけど・・

 

叔父さん

「店を辞めて、どうするんだ?」

 

イタリアン仮面

「30歳までに人生の基盤を作るようにはするけど」

「とりあえず、就職しないでセミリタイア生活的な生活を送るつもり」

 

叔父さん

「は?」

 

お酒を嗜んでいたので、お叱りスイッチが入ったようだった。

 

まぁ、色々言われたけど、ざっくりまとめると、

 

人生舐めすぎ!

働け!

甘えんな!

 

こんな感じだった笑

 

いやね?私だって、当初は父親に、

「お前が店を継いで営業してくれ」と言われて

オーナーになれる!と夢みてたけど、

経営難になって、将来的に営業できるか

わからない状態だと分かってしまったら、

辞めたくなりますよ。

 

このまま、ぼーっとして35~40歳になった頃に、

お店が開けない状態になったら、

なんのスキルも資格もない状態で

外にポンっと出されたら、それこそ人生積んじゃうよ。

 

だからこそ、今が行動する時なのに、

父親を見捨てて云々言われても、

私だって泣きたいよ!!

 

しかし、知っているのか知らないのかは

分からないけど、

父親は店を閉めても再就職先が決まっている。

 

私の方が悲劇である。

 

まぁ、細かく事情は話さなかったから

私もいけないんだけどさ、

 

セミリタイア生活って言わなきゃよかったぜ・・・

 

多分、「バイトしながら、就職先見つけます(いつか)

って話しとけば、怒られることもなかったと思う。

 

失敗したよ笑

スポンサーリンク



スポンサーリンク

セミリタイア生活を目指すならひっそりと

私の経験談から言うと、

身内にもセミリタイア生活をすると

言わない方が良い!笑

 

もし、話すとしたらすでに

会社以外からの収入だけで生活出来るほどの

お金が手に入ってからにしよう!

 

私の場合は、30歳でセミリタイア生活をすると

計画してたけど、予想外の出来事が起きたので、

まだ、会社からの給料よりも副収入が少ないのに

セミリタイア生活をすると言ってしまったのが

今回の失敗点だ。

 

まぁ、仕事を辞めたらしばらくは

副業に専念して、結果を出してから、

悠々とした生活にシフトしていくかな。

 

セミリタイア生活に入った人って、

毎月の収入がないのに、貯金を崩して、

「セミリタイア生活最高!!」と言ってるけど、

私には怖くてできない。

 

ある程度、稼ぎながら生活している人なら

問題ないと思うけど、

 

せっかく貯めてきたお金をただ減らすだけの

生活だと、資金がなくなったらどうするのだろうか?

 

それなら、時間が自由にあるからこそ、

先に収入源を強固なものにする為に

行動してからゆっくりした方が良い気がする。

 

ここら辺は、人それぞれの考え方があるから、

賛否両論あると思うけどね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今年の11月末まで仕事して、

12月からセミリタイア生活に入るけど、

時期が悪いな~(寒いし)

 

3月ぐらいまでは、ひたすら副業に励んで、

結果が出なければ、派遣しながらさらに行動して、

結果が出たら、少し遊びに力を入れるかな、

 

よし、そんな感じのプランで行こう!

待ってろよ~セミリタイアあぁぁぁ!!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です